人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.08

寒い日こそ実践したいお風呂の正しい入り方

年始は仕事始めなどで大忙し。疲れもたまりやすい時期です。今回紹介する入浴法の記事を参考に、お風呂で疲れを取ってカラダのケアをこまめに行ないましょう。

入浴法

毎日湯船に浸かる人は幸福度が高い?お風呂研究の第一人者が教える入浴法

10月に入り、肌寒さを感じる日も増えてきた。そうなるとお風呂が恋しくなってくる。子どもの時は親やきょうだいと一緒に入浴することも多かったが、大人になると一人で湯船に浸かることがほとんど。そんな単身者にとってはやや縁遠いお風呂における「裸の付き合い」に関する興味深いアンケート調査の結果が届いたので、早速、紹介していきたい。

【参考】https://dime.jp/genre/609479/

医師に聞く「突然死」を予防する入浴法

冬に風呂場で起きやすい、突然死。突然死を予防する入浴法はあるのだろうか? 医師専用コミュニティサイトの「MedPeer」が以前、同サイトに会員登録をしている医師1051名にアンケート調査を実施したところ、様々な意見が寄せられた。ぜひ参考にしてほしい。

【参考】https://dime.jp/genre/501112/

お風呂の専門医が教える冬の健康的な入浴法

冬の急激に冷え込む夜に気を付けたいのが、温度差によって起きる肉体的ショック症状。よく、入浴時に冷えた身体のまま熱いお風呂に浸かるときに、心筋梗塞や不整脈、脳梗塞などが起きるといわれる。それは決して他人ごとではない。そこで今回は、お風呂の専門医にこの「ヒートショック」について、及び冬の健康的な入浴法を聞いた。

【参考】https://dime.jp/genre/493151/

「湯もてなし」って何?お風呂ソムリエが指南する健康入浴8か条

「湯もてなし」とは、湯で「おもてなし」をするという日本ならではの文化のこと。 温泉総選挙2018事務局は、健康入浴を推奨する活動、題して『湯もてなし健康入浴活動』を全国7つの温泉地にて展開している。活動を推進するポスターを各施設に掲示し、公式推奨飲料1126本を無料配布しながら水分・ミネラルの補給を促す。

【参考】https://dime.jp/genre/640232/

ヒートショックを防ぐ入浴のポイントは「湯温40度以下で10分以内」

11月に入り一段と冷え込み、お風呂がいっそう気持ち良い季節となった。健康や美容にも良く、日本では古くからお風呂文化が親しまれてきたが、一方で近年は、家庭の浴槽での溺死者数が平成27年に4804人となり、平成16年の2870人と比較し11年間で約1.7倍に増加している状況でもある。 そこで、リンナイでは、寒さが本格化する冬季に向けて、入浴習慣の実態や健康状態との相関関係を探るべく、全国20~70代の男女を対象に「入浴習慣」に関する意識調査を実施。その結果を公表した。

【参考】https://dime.jp/genre/475118/

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。