人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.22

まだまだ現役!アプリを削除してiPhone 7のパフォーマンスをアップする方法

2016年リリースのiPhone 7を、まだお使いの人もけっこういるのではないだろうか? 長い人なら、もう2年以上も使っているはずだが、Y!mobileやUQmobileなどでもiPhone 7の取り扱いが始まり、まだまだ現役のモデルと言えるだろう。

iPhoneを長く使っていれば、自然と使うアプリも増えてくる。しかし、きちんと整理していないと、もう使わなくなったアプリまで入れっぱなし…なんてことも。不要なアプリでホーム画面がゴチャついていては、とても快適にiPhoneは使いこなせない。そんなときは、不要なアプリをどんどん削除していこう。

アプリを削除するには、どれでもよいのでアプリのアイコンを長押しする。このとき、アイコンを強く押し込むと、3D Touchが反応してしまい「共有メニュー」などが表示されてしまう(画像左)。

これを避けるには、そっと指を置いたままにするイメージでやるのが良い。長押しが成功するとアイコンが震え出し、アプリを削除できる状態になる(画像右)。アイコン左上の「×」をタップすれば、アプリを削除可能だ。

上記の方法でアプリを削除しても、購入履歴に残っているので、いつでも再インストールが可能だ。

再インストールするには、まず「App Store」アプリを起動して、右上の「アカウント」アイコンをタップする(画像左)。「購入済み」→「自分が購入したApp」をタップすると、「購入済み」のアプリの一覧が表示される(画像中央)。

ここで、「このiPhone上にない」をタップすると、インストールされていないアプリの一覧に切り替わる(画像右)。この中から、お目当てのアプリを見つけ出し、右横の「雲」アイコンをタップすると、アプリを再インストールできる。まちがってアプリを消してしまったときは、この方法で復活させれば良い。

iPhone 7から削除したアプリは完全削除される?

iPhoneはアプリのアイコンを消すだけで、その端末からはアンインストールされる。しかし、「購入済み」のアプリはいつでも再インストール可能なので、その意味では「完全削除」とは言い難い。

一度でもインストールすると、そのアプリは「購入済み」となり、このリストからの消去はできない。アプリの中には有料のものもあるので、誤消去を防止するためのシステムなのだろう。

だが、この「購入済み」のアプリの一覧も、増え過ぎると目当てのアプリを探すのが難しくなってしまう。そんなときに、おすすめしたいのが「非表示」機能だ。「購入済み」アプリの一覧を表示させた状態(画像左)で、アプリを左にスワイプすると、右側に「非表示」のボタンが現れる(画像右)。これをタップすれば、そのアプリの表示を一覧から消去できる。

iPhone 7のアプリが削除できない、その原因は?

iPhoneのアプリの削除方法は、上に解説したとおり。アプリのアイコンが震え出せば、アプリの削除が可能になる。この状態にできず、アプリが削除できないときは、やはり3D Touchが原因の可能性が高い。強く押し込まずに、そっと指を添えるイメージで試してみよう。

バツが出ない!iPhone 7で削除できないアプリ

アプリのアイコンが震え出し、アプリを削除できる状態になっているものの、なぜか「×」が表示されないアプリがある。これはバグではなく、もともと削除が許されていないアプリだ。こういったアプリは、いくら自分が使っていなくても、残念ながら削除できない。

バツが押せない!iPhone 7で削除できないアプリ

上に説明したケースとは別に、アプリに「×」は表示されるものの、押しても反応しないケース。これは、「×」マークを上手く押せていない疑いがある。何度やっても失敗する場合は、以下の方法を試してみよう。

「設定」アプリを起動し、「一般」→「iPhoneストレージ」をタップ(画像左)。画面下のほうにインストール済みのアプリの一覧が表示されるので、削除したいアプリをタップ(画像中央)。「書類とデータ」を残してアプリ本体のみ削除する場合は「Appを取り除く」を、「書類とデータ」も含めてすべてを削除する場合は「Appを削除」をタップする(画像右)。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。