人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.01

「ウーハー」って何?|スマホや車で低音を楽しむ方法

スマホや車で音楽を聞いているとき、「もう少し低音域を、よく聞きたい」と思うことはないだろうか。そんなときにおすすめなのが、「ウーハー」と呼ばれる低音専用スピーカーユニットだ。今回は音楽をもっと楽しむための、ウーハーの基本から取り付けまでを紹介しよう。

車でもスマホでも! 低音が生きるウーハーとは

低音域を担当するウーハーはさまざまなシーン、用途で使われる。ここでは車に取り付けるサブウーハーや、ウーハーの取り付けにかかる費用、そしてスマホで音楽を楽しめるウーハーなどを紹介する。

ウーハーとスピーカーってどう違うの?

まず、ウーハーとスピーカーの違いがわからない人のために、両者の違いを解説しよう。結論から言うと、ウーハーはスピーカーの種類の1つだ。音域を高音・低音、あるいは高音・中音・低音に分けたときの、低音を担当するスピーカーを「ウーハー」と呼ぶ。

車やスマホの純正スピーカーで低音が物足りないと感じたときは、低音域を担当するウーハーを付け足せば補える。ただし、どれくらい低音が強調されるかは、実際に聞いてみるまでわからない。購入する前に、必ず音を確認しよう。

アンプは必須! ウーハー使用時の注意

ウーハーをただ取り付ければ、スピーカーの低音が強調できるわけではない。というのも、ウーハーにはアンプを積んでいるものと、そうでないものがあるからだ。アンプレスの場合は、ウーハーとは別にアンプを用意しなくてはならない。

わからない場合は、お店の人に聞くのがベストだ。なお、車で使用する場合は、自分の車に合うかどうかもチェックしておこう。

サブウーハーとは? ウーハーと違うの?

低音をなんとかしたくて「ウーハー」で検索していると、「サブウーハー」という単語が出てくることもある。サブウーハーとは、スピーカーの低音域をさらに分割し、超低音を再生するユニットのことを指す。ただし、車の場合は「車載用ウーハー=サブウーハー」であることも多い。

ウーハーを選ぶときのおすすめポイント

ウーハーを車に取り付ける場合、重要なのがサイズだ。車に積めない大きさのウーハーではいくら好みの音を出せても意味がない。

車載用ウーハーは軽自動車でも搭載できる20cm程度の「クラリオンSRV212」や、25cm程度の「カロッツェリアTS-W2520」といったコンパクトサイズがある。音質も大事だが、まず設置場所とサイズ、そして前述したアンプの有無から選ぶことをおすすめしたい。

一方、スマホで低音を生かしたい場合は、サイズをとくに気にする必要はない。音質と使いやすさ重視で選んでしまってもいいだろう。

なお、「もっと手軽に重低音を強化したい」と考えている人は、低音を増幅させるサブウーハーのアプリなども試してみることをおすすめする。APP StoreやGoogle Playから「ウーハー」で検索すると、ウーハーやイコライザー、低音ブースターといったものが出てくるので、好みのものを使おう。

持ち歩けないサブウーハーと違って、アプリであればいつでもどこでも気軽に使える。もちろん本物のウーハーには劣るが、家では本格的なウーハー、外出時はアプリと使い分けて楽しむのもいいだろう。

アプリによっては、動画やゲームアプリの音楽も変えることが可能だ。ただし、バッテリーの消耗が激しくなる点には注意しよう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。