小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iPhoneのアプリはまめに終了すべき?起動したままでOK?

2018.12.01

iPhoneのアプリが終了できない場合はどうする?

この「アプリが終了できない場合」というのは、アプリがハングアップしてiPhoneが操作を受け付けなくなった状態だ。こうなったら、iPhoneを再起動するしかない。

iPhone 8以前の機種なら、上部のボタン(またはサイドボタン)を長押し。iPhone X以降の機種なら、サイドボタンと音量を上げるボタン(または音量を下げるボタン)を同時に長押しすると、電源を切れる状態になる。この状態で表示されたスライダをドラッグし、完全に電源が切れたら、上部のボタン(サイドボタン)を長押しして電源を入れる。

iPhoneの状態によっては、電源を切る操作も受け付けなくなっていることもある。こういった場合は、「強制リセット」と呼ばれる方法を試してみよう。この強制的な再起動の方法は、機種ごとに操作方法が若干異なる。

【iPhone 8以降の場合】

音量を上げるボタンを押して、すぐに放す。次に、音量を下げるボタンを押してすぐに放し、サイドボタンを長押しする。

【iPhone 7またはiPhone 7 Plusの場合】

サイドボタンと音量を下げるボタンを、同時に10秒以上長押しする。

【iPhone 6s以前の場合】

ホームボタンと上部のボタン (またはサイドボタン) を、同時に10秒以上長押しする。

iPhoneのアプリが強制終了してしまった!

iPhoneでアプリを使っていると、強制的に終了することがある。突然のことなので驚いてしまうが、再度アプリを起動すれば、とくに問題なく使える場合がほとんどだ。

iPhoneアプリが強制終了する原因は?

アプリが強制終了するのは、ざっくり言うとバグが根本的な原因だ。その原因は、強制終了したアプリにあるのがほとんどだが、OSや同時に使用している別のアプリにある場合もある。いずれにしても、バグを修正はアップデートを待つしかない。アプリが使い物にならないといった深刻な状況なら、開発元に問い合わせよう。

Appleの公式文書にも書かれているように、メモリやバッテリーの節約という意味では、アプリをまめに終了させる意味はほとんどない。むしろ、アプリを使いやすくするための整理や、調子が悪いときに再起動するために、いったん終了させるといいだろう。

アプリやOSが定期的にアップデートされる以上、ハングアップや強制終了といった問題は、どうしてもつきまとう。OS自体の再起動方法なども覚え、上手くiPhoneと付き合っていこう。

取材・文/ねこリセット

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。