人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.01

iPhoneのアプリはまめに終了すべき?起動したままでOK?

iPhoneにおいて、複数のアプリを使うのは当たり前。アプリを起動させっぱなしで、頻繁に切り替えて使う人がいる一方、使わないアプリをまめに終了させている人もいることだろう。

「えっ、アプリって自分で終了できるの?」なんて驚いた、超初心者ユーザーに向けて、まずアプリの終了方法を解説しよう。

iPhone 8以前の機種なら、ホームボタンをすばやく2回押す。iPhone X以降の機種なら、画面下からスワイプしていったん止める(画像左)と、マルチタスク画面に切り替わる(画像中央)。ここで、左右にスワイプして終了させたいアプリを表示させ、上方向に弾くようにスワイプすると、そのアプリが終了する(画像右)。

iPhoneのアプリは一括して終了させるべき?

アプリをまめに終了させている人のおもな理由は、「そのほうが、メモリの節約になるでしょ?」や「バックグラウンドで動作していたら、バッテリーのムダ使い」などではないだろうか。確かにそういう話を耳にすることもあるが、本当にそうなのだろうか?

結論から言うと、こういった動作の仕組みをAppleは公開していないので、詳細は誰にもわからない。ただ、Appleの公式サポート文書には、「Appが反応しなくなった場合に限り、強制終了してください」と書かれている。これは、裏を返せば「アプリの動作に問題がなければ、終了させる必要はない」ということだ。

【参考】

iPhone、iPad、iPod touch で App を強制終了する方法(公式)

コンピューター全般に言えることだが、起動中のアプリは、その状態を保持するためにメモリを使用するのが一般的だ。一方で、メモリをムダに使用しないように、あまりアクセスがないとOSが判断したら、メモリに書き込まれた情報はいったんストレージに移され、それまで使用していたメモリは解放される。

バッテリーに関しても、アプリが起動中でメモリやストレージに保持されている状態から復帰するのと、イチからアプリが起動するのと比べたら、後者のほうがたくさん電力を消費する。

OSがアップデートを重ね、高度にマネジメントされていることを考えれば、やはり「アプリは起動したままでOK」と考えるべきかもしれない。

でも、やっぱりiPhoneで起動中のアプリを一括終了させたい!

iPhoneのアプリは終了させる必要がないことはわかっても、起動中のアプリがあまりに増え過ぎると、切り替えにも手間がかかってしまう。快適に使うための整理術として、iPhoneの起動中アプリをまとめて終了する方法を伝授しよう。

とはいえ、iPhoneの基本機能には、アプリを一括で終了させる方法は存在しない。そこで裏ワザとして紹介したいのが、「4本の指でスワイプして、4つのアプリを同時に終了する」方法だ。

というのも、iPhoneのアプリは1つずつしか終了できないのだが、じつは「同時に終了させられるのは1つだけ」というわけではない。マルチタスク画面には4つのアプリが同時に表示されるので、4本の指で同時に上方向へスワイプすれば、一気に終了できるというわけだ。

ただし、見た目はとてもスマートとは言い難い。「どうしても」という人にだけ、おすすめしたい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。