人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.29

iPhoneでもできる!Gmailの2段階認証の設定方法と解除する方法

セキュリティ対策に有効なGmailの2段階認証とは?

 2004年4月1日から提供を開始しているGoogleのフリーメールサービスである「Gmail」。

 お手軽カンタンに、Webメールとして使えるだけでなく、POP3・SMTP、IMAPに対応しており、メールアプリでも送受信できて、自動転送も可能です。2012年6月時点での利用者数は4億2500万人で、世界最大のメールサービスです。

 Gmailは無料で使える「フリーメール」でありながら、15GBの容量を誇り、筆者もサービス開始から利用していますが、当時から現在までのメールがみんな保存されていて、まだ余裕があるくらいです。おまけにメールのウィルスチェックもしてくれて、至れり尽くせりです。

インターネットの世界は、常にパスワードを狙われています!

 そんな、利用者には、もうなくてはならないGmailですが、ある日突然、パスワードが盗まれてしまうケースが、よくあります。

 例えば、無防備な公共Wi-Fiに接続してGmailを利用したり、ほかのWebサイトと同じパスワードを利用していたり、アヤシイWebサイトのリンクをうっかりクリックしてしまったり……。以外とカンタンに、メールのパスワードは盗まれてしまいます。

 パスワードを盗まれると、とてもタイヘンです。

 まず、自分がアクセスできなくなるだけでなく、メール、連絡先、写真など、すべて見られてしまい、勝手に削除されてしまう場合もあります。自分を語って、ヘンなメールを友人や不特定多数に送信されてしまい、信用をなくしてしまいます。勝手に銀行からお金を下ろされたり、勝手に買い物されたりしたり、パスワードを変えられたりしたらもうアウトです。

 実は、Gmail(Googleアカウント)には、IDとパスワードの他に、もう一段階、セキュリティチェックを増やせる「2 段階認証プロセス」機能が内蔵されています。Googleのサービス標準機能ですので、誰もがお手軽に利用可能です。若干の初期設定が必要ですが、セキュリティ対策はバッチリです!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ