人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ジムニーの進化の歴史を振り返る|初代から最新モデルまで

2018.11.18

1986年に初の水冷3気筒・EPIターボ搭載車(JA71型)を発売

 ジムニーに初めてターボ付きの水冷4サイクルエンジン搭載車が登場。543ccと小さな排気量を感じさせない鋭いダッシュ力を得た。3型(写真)からはインタークーラーも追加。ボンネット上のエアスクープが見分けるポイントだ。

1990年に水冷3気筒660ccEPIインタークーラーターボエンジン搭載車(JA11型)を発売

 軽自動車規格の改正に対応し、排気量を657ccに拡大した水冷4サイクル直列3気筒インタークーラー付きターボエンジンを搭載。それに伴いマイナーチェンジを行い、全長が100mm拡大された。3型からオートマチック、パワーステアリング仕様も追加され、人気を得た。

1993年に「ジムニーシエラ(JB31型)」がデビュー

 1298ccの水冷4サイクル直列4気筒エンジンをワイドなボディ(1545mm)に搭載し、迫力を増した「ジムニーシエラ」が誕生。本格ミディアム4WDとして活躍。

1995年にフェイスリフト。ジムニー(JA12/22型)とジムニー シエラ(JB32型)が登場

ジムニー

 アルミ製の水冷直列3気筒DOHCインタークーラーターボエンジンを搭載。最大出力は64PS、最大トルクは10.5kgmと大幅にアップ。また5ナンバーの乗用車仕様も新設定された。

ジムニーシエラ

 同じくジムニーシエラもモデルチェンジ。フロントにアルミ製グリルバーを装着し、精悍さを増した。フロントバケットシートを採用するなど居住性も改善されている。

1998年にフルモデルチェンジ。3代目に進化

ジムニー(JB23型)

 フルモデルチェンジにより3代目に進化。スタイリングは空力も配慮されたもの。ジムニーは新規格軽自動車として、全長で100mm、全幅で80mm、全高は35mm拡大され、ホイールベースも2250mmに延長。それらにより居住性が大幅にアップした。4速ATの設定や新開発の「軽量衝撃吸収ボディー」など、使い勝手や安全性にも配慮された。

ジムニーシエラ(JB33/43型)

 ジムニーシエラもフルモデルチェンジ。全幅は1600mmまで拡大。ワイドで迫力のあるスタイリングを手に入れた。

 3代目ジムニーは改良を重ね、2018年7月の新型ジムニー登場まで20年弱の長きにわたり生産された。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。