小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

メルセデス・ベンツ新型『Cクラス』に搭載された部分自動運転技術とは?

2014.07.16

 先週、発表されたばかりのメルセデス・ベンツの新型『Cクラス』の試乗会に参加した。気になっている方も多いと思うので、今回は、2日間、北海道で試乗してみてわかった『Cクラス』のインプレッションを中心にお届けしたい。

メルセデス・ベンツ新型『Cクラス』に搭載された部分自動運転技術とは? メルセデス・ベンツ新型『Cクラス』に搭載された部分自動運転技術とは?

■「アジリティ」と「インテリジェンス」

 今度の『Cクラス』の新機軸は、「アジリティ」と「インテリジェンス」だ。「アジリティ」とは俊敏性の意味で、車体の48%にアルミを採用したことにより、軽量化と強靭化を図った。つまり、それによって俊敏な走りを実現しようというものだ。大胆なまでにアルミを採用したことについては、回を改めて報告するとして、今回は「インテリジェンス」について、触れてみたい。

 安全運転支援システムのことを、メルセデス・ベンツは「インテリジェントドライブ」と総称している。まずは、その8つの具体的な機能を挙げてみたい。

1.最適な車間距離と車線維持をサポートするディストロニック・プラス(ステアリングアシスト付き)

2.突然眼の前に現われた危険にも反応するBASプラス(飛び出し検知機能付きブレーキアシスト・プラス)

3.衝突回避能力が大幅に向上したPRE-SAFEブレーキ(歩行者検知機能付き)

4.後方からの衝突被害を軽減するリアCPA(被害軽減ブレーキ付き後方衝突警告システム)

5.疲労や不注意による車線逸脱を防止するアクティブレーンキーピングアシスト

6.自動緊急ブレーキで追突を回避するCPAプラス(緊急ブレーキ機能)

7.つねに最大限の視界を確保するアダプティブハイビームアシスト・プラス

8.縦列駐車と並列駐車をサポートするアクティブパーキングアシスト

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。