小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ortofonの真空管ハイブリッドアンプ『TA-Q7』

2014.08.09

ortofonの真空管ハイブリッドアンプ『TA-Q7』

■Introduction

BGMにiTunesのInternetラジオを聴いているのだが、この音が歪みまくる。忠実に再生するとそれが気になって仕事がはかどらない。そこで考えたのが、歪みには歪みで対抗する。真空管ハイブリッドアンプを使えば、気分のいい歪みになるのではないか。そこで導入したのが中華製真空管アンプだ。確かにナローレンジで音数も少ないので歪みは気にならないが、ハイレゾ音源もFMラジオかと思うほどのクオリティである。もう少し音のいいアンプはないかと探してみると、ポタフェスでオルトフォンの真空管ハイブリッドアンプを発見。価格もサイズもデザインもいい! ということで早速、借用した。

■Design

このデザインなかなかユニークである。フロントパネルがトップまで曲げ加工で、1枚のアルミ板になっているのだ。真空管カバー部分が斜めになっているのがミソだ。この角度が3号突撃砲B型を思わせる。あっ「WOT」やってるもんでつい...... 使われている真空管は6N3でortofonのロゴ入り。出力トランスはシャーシの半分以上を占めるような立派なサイズのものが搭載されている。カバーは亜鉛ダイキャスト製である。アルミのフロントパネルにはボリュームとステレオ標準ジャックのみ。電源スイッチは裏側にある。シンプルでクールなデザインだ。

ortofonの真空管ハイブリッドアンプ『TA-Q7』

幅127×高さ105×奥行き210mm、2.2kgのコンパクトサイズなのでデスクトップに最適。コンパクトスピーカーと組み合わせると音も見た目もバランスがいい

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。