小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ワイドレンジでハイコスパなbeyerdynamicの純正ヘッドフォンアンプ『A20』

2014.08.15

ワイドレンジでハイコスパなヘッドフォンアンプ beyerdynamic純正アンプ『A20』

■Introduction

beyerdynamic『T1』はSENNHEISER『HD800』と並び、鳴らしにくいヘッドフォンと言われている。どちらもインピーダンスが高いのがネックだ。特に『T1』は600Ωとずば抜けている。どんなヘッドフォンアンプを選べばいいのか。そんな疑問への模範解答が『A1』である。600Ωの『T1』を鳴らすことを前提に設計されたヘッドフォンアンプで、2系統のアナログ入力に対応する。実勢価格約9万円である。そして、次に登場したのが『A20』で、こちらは入力1系統、出力2系統のハイコスパモデルで実勢価格約6万円となる。サイズはコンパクトになって、ボディはフルメタルで継ぎ目がなく、設計は『A1』ゆずりで、16Ωから600Ωまでのヘッドフォンに対応できるという。

■Design

サイドパネルはアルミ押し出し材を使っているのだろうか継ぎ目がなく非常に美しい。さすがメイドインGERMANYと思わせる完成度だ。フロントには自照式電源ボタンがあり、その隣にスレテオ標準ジャックが2個あり、最後がボリュームとなる。極めてシンプルなデザインだ。トップパネルはザラッとした縮緬仕上げで明るいグレーに塗られている。これも日本メーカーなら、あり得ない色だろう。入力は1系統で余計なセレクターがないため音質的には有利になる。

ワイドレンジでハイコスパなヘッドフォンアンプ beyerdynamic純正アンプ『A20』

ヘアライン仕上げのシンプルなフロントパネル。電源ボタンはOFFで赤、ONでグリーンに点灯する

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。