人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2015.05.12

多灯ライティングに対応したNikonの純正ストロボ『SB-910』

カンタン多灯ライティングに対応した、Nikon『SB-910』

■Introduction

一眼レフがデジタル化されて良かったことの1つに高感度が使えることがある。ISO感度を上げればストロボ不要で、今まで撮れなかった暗さでもガンガン撮れる。これはありがたい! しかし、調子に乗って感度を上げるとカメラの液晶モニターではいいねと思っていた画像がPCの大画面で確認した結構、粒子が粗くてノイズが乗っていた。そんな経験はないだろうか。やっぱり基本に戻って外部ストロボを使ってみたい。重くて大きくてかさばるけど、最近のストロボはやたらハイテクである。その恩恵を100%受けるには純正ストロボが一番! という訳で今回はNikon純正のハイエンドモデル『SB-910』をお借りした。

■Design

正面に補助赤外線発光部を持つ大型のクリップオンストロボだ。Nikon風に言うとスピードライトである。発光部は上下左右に可動してバウンス発光に対応。背面には大型液晶画面があり、ダイヤルとボタンによっていろいろな機能が使いこなせる。基本はCLSと呼ばれる機能により、カメラと情報を交換してフルオート撮影ができる。『SB-900』がオーバーヒートにより発光できなくなるという弱点を克服するため、温度上昇を感知して発光間隔を自動調整、過熱を抑える機能が搭載された。一番のウリはワイヤレスストロボで、多灯撮影に対応することだ。

カンタン多灯ライティングに対応した、Nikon『SB-910』

付属のスタンドを使うと自立する。これでカメラから離れた所から発光できる。さらに2灯以上のストロボを同時に発光できるのだ

カンタン多灯ライティングに対応した、Nikon『SB-910』

バウンス撮影時に内蔵のワイドアダプターを被せると、キャッチライト用のリフレクターが飛び出す。これでCP+のコンパニオンがグッと魅力的に撮れるのだ

カンタン多灯ライティングに対応した、Nikon『SB-910』

付属のワイドレンズ用リフレクターと2種類のカラーフィルター。光源の色温度を変えて独創的な演出ができるらしいが、今回は使わなかった

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ