人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「実家の片づけ」は親が元気なうちから!プロが教える生前整理術

2018.10.13

子ども世代も意識を変えよう

 渡部さんは、「子ども世代も意識を変える」ことが大事と説く。まず、単刀直入に「捨てて」はNG。

「どうするかはあくまで親の意思に従い、迷ったときには一時保管箱を最大活用。安易に『捨てて』と強要したり、勝手に処分などしては、『もう二度とやらないよ!』と拒否反応を起こしてしまうことに」(ムック9pより)

 渡部さんの提唱する基本的な考え方は、「親が安心・安全に暮らせればいい」。室内ががらりと変わるようなレベルでなく、例えば以下のチェックポイントを満たせば十分という気持ちでと、渡部さんは述べる。

子世代はチェックポイントを目指すことを念頭に(ムック9pより)

防災を理由に片づけを促す

 また、実家の片づけを切り出すには、「防災を理由」にするのが最良の方法だという。昨今、台風に地震と自然災害が続くので、頑固な親でも説得に応じてくれる可能性は高い。

 防災をからめた片づけのポイントは、「寝室には何も置かない」、「玄関以外の出入口を確保」などある。渡部さんは、寝室については「布団を敷くだけか、ベッドがあるだけの部屋が、本当はベスト」と説く。それが難しい場合は、「タンスや本棚が倒れかかってこないこと、モノが頭上から落ちてこない」よう最低限の処置をすべきとも。さらに、天井の照明はペンダントタイプのライトにする、窓ガラスに飛散防止フィルムを貼ることも、ムックですすめている。

親世代5タイプ別の声のかけ方がある

 また、親の思考タイプを5種類に類型化し、各タイプに応じた声のかけ方で、片づける気に向かわせるテクニックもあるという。例えば、「現状維持バイアス~今のままでいいわタイプ~」。「自分はまだ若い」とか「今まで転んだことがない」といった理由をつけては、今の状態を変えずに済ませておきたい親がこれにあたる。この場合、「四十肩良くなったから今なら手伝えるよ」など、子どももいい年になっていることを、それとなく分からせるのが良いと渡部さんはアドバイスする。

親のタイプに応じた声のかけ方で片づけを促す(ムック21pより)

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年3月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDビューティーミラー」! 特集は「YouTubeで学べ」&「ウワサの新発想家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。