人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.11

よく使う機能へ簡単アクセス!iPhoneの「コントロールセンター」の賢い使い方

 2018年9月に新型が発表され、大人気のiPhoneですが、セキュリティの向上や機能の強化は、日々行われており、このたび、最新のOS(スマートフォンの操作・運用・運転のために、ソフトウェアの中でも基本的、中核的位置づけとなるシステムソフトウェア)のバージョンが登場しました。それがiOS 12です。

良く使う機能へすぐアクセスできる「コントロールセンター」とは?

iOS 12が新登場! そのメリットは?

 iOS 12を導入すると、カメラの起動やキーボードでの入力など、操作が一段と速く、反応も良くなります。そんな大人気のiOSのアップデートの方法は、以前本誌でも詳しくご紹介しています。

参考
iPhoneで最新iOS 12へとアップデートする方法と注意点

 なにせiOS 12を導入すると、カメラへのスワイプは今までのOSに比べて、最大70%の高速化になり、キーボードの表示は最大50%速くなります。重いアプリケーションの起動に至っては、なんと今までより2倍の速さとなります。

 iOSは、かねてより、普段よく使う操作にカンタンにアクセスできる機能が搭載されており、一部の人には大人気です。それが「コントロールセンター」なのです。

「コントロールセンター」の起動方法が変わった!?

 コントロールセンターを使えば、写真を撮る、フラッシュライト (懐中電灯) を点ける、Apple TV を操作するなど、様々なことがすばやくできます。いちいちホーム画面に戻らなくとも、急いで使いたい機能がだいたい網羅されているので、実に便利です。

 そんな画期的なiOS 12を搭載した、最新のiPhoneやiPadにも搭載されていると思っていたコントロールセンターですが、いざ新型iPhoneを手に取ってみると、今まで慣れ親しんでいたコントロールセンターが起動しない! 使えない! ……とおなげきになるみなさんの声が近頃増えているとか、増えていないとか.……。

 iOS 12になって、コントロールセンターは廃止になってしまったのでしょうか……? 実はまだあります。

 iOS 12を搭載した最新のiPhoneとiOS 12へアップデート可能なiPadだけ、コントロールセンターの起動の仕方が変わってしまったのです!

「コントロールセンター」の起動のヒミツ

 通常のiPhone(ホームボタンが付いているタイプ)は、iOS 12にアップデートしても、今まで通り画面の下から上にスワイプする方法から、変わりはありません。

 しかし! iOS 12 以降を搭載した iPhone X 以降または iPad では、画面の右上隅から下にスワイプします。

 逆に、コントロールセンターを終了するには、通常のiPhone(ホームボタンが付いているタイプ)やiPadでは、iOS 12にアップデートしても、画面の上部をタップするか、ホームボタンを押せばオッケーです。

 しかし! iOS 12 以降を搭載した iPhone X 以降では、画面の下から上にスワイプするか、画面をタップしなければなりません。

 こんな方法、新しいiPhoneを購入した時に、お店の人がちゃんと教えて欲しいものですが、それがAppleならではのやり方なのじゃ! と、あきらめましょう(何のこっちゃ?)。

便利で楽しい「コントロールセンター」にカスタマイズしよう!

 「コントロールセンター」はカスタマイズをして、いちばんよく使う機能の設定に変更可能です。さっそく設定してみましょう。

 「設定」→「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」を順にタップします。

 コントロールを追加するには、「コントロールの追加」の行にある+印 をタップします。コントロールを削除するには、「含める」の行の−印をタップしてから「削除」をタップします。

 コントロールの並び順を入れ替えるには、「カスタマイズ」の「含める」の行に表示されている機能の、右横にあるマークを押したままドラッグして、好きな順序に入れ替えます。まぁ一度試してみてください。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ