人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【意外と知らないバイクのこと】昔は多かった「キャブレター」って何?

2018.10.10

A:機械式の霧吹きです。

燃料タンクに注ぎ込まれたガソリンは、そのままエンジンに送り込まれるわけではありません。霧吹き的な機器によって霧化され、ほどよい割合で空気と混ぜられて混合気となり、エンジン内部に送り込まれます。わざわざ混合気にするのは、エンジン内部で力強い爆発を起こすため。液体のままのガソリンは意外にも燃えにくく、爆発力は発揮しません。空気と混ざることで爆発するのです。

この霧吹き的な機器のことを気化器と呼び、英語ではキャブレターと言います。その構造は複雑で、種類もさまざま。とてもではありませんが、ここではすべてを説明できません。そこで簡単に覚えておいていただきたいのは、キャブレターはバイクのエンジンに向いた優れた仕組みだった、ということです。

「だった」。過去形です。つまりキャブレターは過去の技術。今や自動車もバイクもほとんどすべてがキャブレターを使っておらず、フューエルインジェクション(FI:燃料噴射装置)が採用されています。電子制御することによってきめ細やかに燃料噴射を制御でき、安定した動作、低燃費、クリーンな排ガス、メンテナンスフリー性など、さまざまなメリットがあるからです。

小排気量二輪車用FIカットモデル

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。