人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.07

【意外と知らないバイクのこと】バイクのエンジンってどうやってかけるの?

A:エンジンはいろいろなかけ方があります。

バイクは、クルマ以上に幅広い種類があり、新旧取り混ぜてさまざまなメカニズムが使われています。エンジンのかけ方にも、大きく分けて2つのやり方があります。ひとつは、セルスターターボタン(セルボタン)を押す方法、もうひとつはキックペダルを踏み込む方法です。

まず、セルスタート式。ほとんどのバイクでは右ハンドルの付け根下側付近、割と目立たない位置にひっそりとスイッチが設けられていますが、それがセルボタンです。「エンジンをかける」という重要な役割を担っている割には、慎ましやかなヤツです。

さて、教習所の復習的に清く正しいエンジンのかけ方を詳細にお伝えすると、

(1)バイクにまたがったら、すかさず右足でリヤブレーキペダルを踏む。
(2)ミラーを調整する。
(3)左手でクラッチレバーを握る。
(4)ニュートラルランプなどでニュートラルに入っていることを確認する。
(5)右手でメインキーを回してオンにする。
(6)右手でフロントブレーキレバーを握りつつ、親指でセルボタンを押す。
(7)無事エンジンがかかる。

細かく書くと面倒なようですが、慣れてしまえば意識せずにこなせる流れ作業になります。ポイントは、常にブレーキがかかっているということ。ニュートラルを確認しつつクラッチレバーを握っている(クラッチを切っている)ので、エンジンがかかっても誤発進することは基本的にありませんが、常に万一に備えるのがバイク乗りの心意気というものです。

坂道などではニュートラルに入ったりクラッチを切った時点でズルズル、ガシャーンなんてこともあり得ます。エンジンをかける以前に、「バイクにまたがる=フロントまたはリヤブレーキをかける」を習慣づけましょう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ