人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.05

iPhone 6sにiOS12をインストール、SIMロックを解除してコスパ最高端末を作る方法

iPhone 6sをSIMロック解除して使うとコスパ最高

 iPhoneは人気ですが、最新機種だと値段が高いのが難点です。

 AppleのiPhone販売サイトで購入する場合、iPhone XS Max 512GBモデルの価格は16万4800円。ドコモやau、ソフトバンクで契約してiPhone XS Maxを契約する場合、月々の割引が適用されるので、実質負担額は5000円前後になりますが、パケットの通信料や通話料など、もろもろを合計すると1万円以上となり、家計にとっては大きな痛手です。

 しかし、2015年9月に発売されたiPhone 6sは、ドコモだと現行販売機種。iOS12の大半の機能を利用できますし、不便を感じることはあまりないでしょう。ちなみにドコモのオンラインショップだと、機種代金は月々たった1800円弱で入手可能です。

 このまま、大手キャリアで使い続けるのが順当な手法ですが、一括購入してSIMロック解除を行えるようになってから、通信代金が安価なMVNO(携帯電話回線などのインフラを借りて安価な通信料金を提供する事業者。格安SIM、格安スマホなどと呼ばれる)と契約すると、トータルコストが抑えられます。

 MVNOによっては、通話費込みでも月額料金1000円代の業者も結構あります。

そもそも、「SIMロック」って、何のこと?

 かつての携帯電話は、キャリアから入手する場合、キャリアが発行したSIMカード(携帯電話で使われている、加入者を特定するためのID番号が記録されたICカード)しか認識できない仕組みになっていました。これをSIMロックと呼びます。

 しかし、国際化時代の昨今、海外旅行に出かけた時に現地キャリアのSIMを使えず、高額な海外使用料金を払わざるを得ないデメリットがありました。

 また、「これは欲しい!」という機種があったとしても、特定のキャリアのみでしか販売していない場合には選択ができません。これは由々しき問題です。

 ちなみに、SIMロックが施されて「いない」状態を「SIMフリー」もしくは「アンロック」といいます。

 SIMフリーの携帯電話は、最初からSIMロックされずに販売されており、そもそも海外では、SIMフリー端末がアタリマエなのです。

 それまで腰が重かった総務省も、ユーザーが自分の好きな端末と回線を選べないのは問題だ、世界の趨勢には従わなければならぬ、とばかり、キャリアに対して、SIMロックを解除するガイドラインを策定することとなったのです。

どんなiPhoneでもSIMロック可能なの?

 まず、Appleの直販サイトで販売しているiPhoneは、最初からSIMフリーです。何もする必要はありません。

 また、国内MVNOの多くがドコモの回線を利用しているので、そういった会社と契約するだけなら、ドコモのiPhoneは、わざわざSIMフリーにする必要はありません。しかし、他社キャリア回線や海外旅行で海外のSIMを使いたいなら、SIMフリー化は必須です。

 さて、各キャリアから販売しているiPhoneは、残念ながら、2018年9月末時点では、購入後即日のSIMロック解除はできず、一定の要件を満たす必要があります。

 細かい要件は割愛しますが、基本「端末購入日から100日経過している」のが大前提となります。101日目以降から、キャリアの店頭でもWebでも、どちらからでもSIMロックの解除は可能です。キャリア別の詳しい方法は後述します。

iPhoneのSIMロックを解除したら、中古で買い取ってくれない?

「今まで使っていたiPhoneをSIMロック解除したら、ある意味改造しちゃう? みたいなものだから、中古で売ったら、安く買いたたかれてしまうんじゃないだろうか……。もしくは買取拒否されてしまうんじゃないだろうか……」と心配する人がいるかもしれませんが、通常の買取要件を満たしている限り、ちゃんと買い取ってくれるはずです。むしろ、キャリアの縛りがなくなるので、かえって高く買い取ってくれるケースも多いのです。

 現在使っているiPhoneを中古で売る可能性がある場合、SIMロック要件を満たすのであれば、解除してから売ったほうが、たいていはお得です。売る予定のある業者に、あらかじめ確認してみてください。多分「SIMロック解除してから売ってください」と言ってくる可能性が高いです。

中古のiPhoneのSIMロックを解除したほうがお得?

 ここまで読んだ人なら、「あれ? 中古のiPhoneのロックを解除したほうが、お得じゃない?」と思われるかもしれません。まさにその通りなのですが、実は現在はまだ、SIMロックされたままの中古のiPhoneを、あとから購入した人がロック解除することはできません。

 2018年の8月28日付けの「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」の改正により、携帯キャリアに対して、中古端末のSIMロックも義務付けられるようになりましたが、適用されるのは2019年9月1日からです。という訳で、中古iPhoneのSIMロック解除については、もうしばらくお待ちくださいませ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ