小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ITの歴史を百人一首形式で覚えられるカードゲーム「ColleCard IT25・50」で遊んでみた

2018.09.06

「ColleCard IT25・50」を実際に遊んでみての感想

実際に遊んでみて、面白くてためになるだろうか? 筆者は、休日を利用して仲間内でやってみた。

メンツは全員、IT業界とは縁遠い世界に置いており、その歴史にとても疎い。最初のうちは、びっしり並べられた取り札の上で目を泳がせるばかりであったが、やがて読み札の最初の単語が、取り札の中央にある単語と一緒であることに気づくと、展開が早くなった。

しまいには、誰もが出だしの一声しか記憶しないで争うようになったので、ゲーム本来の目的である「全員が全カードを覚える」から逸れたような雰囲気になった。

そこではじめから仕切り直し、ゲームの目的から逸脱せずによりエキサイティングなものとなるよう、以下のハウスルールを設けて再戦してみた。

・最初の単語は読み上げない。例えば、「アイフォーンで世界を大きく変えたアップル ジョナサン・アイプの革新的デザイン」は、「世界を大きく変えたアップル ジョナサン・アイプの革新的デザイン」となる。

・本文を読んでいる最中に取れば3点、解説文を読んでいる最中に取れば2点、トランプのマークと番号を読み上げてから取れば1点獲得。合計点で勝敗を決める。

「ColleCard IT25・50」対戦中の様子

この方式でやってみるとより白熱し、誰もがカードの文言を全体的に把握するようになった。ゲームの主目的から逸脱さえしなければ、いろいろとハウスルールを作って対戦してみるのもよいだろう。

「ColleCard IT25・50」の公式サイトでは、100人限定の特別価格となる2000円+送料300円で販売しており、近日中にはスマホアプリ版も登場する。さらに今後は、異業種企業と様々なコンテンツを共同開発し、「アクティブ・ラーニング教育の定番エデュテインメント・サービス、未来の教科書プラットフォームを目指す」そうで、この種のジャンルに関心のある人は、今度の展開を注視しておくべきだろう。

協力/高木利弘さん
株式会社クリエイシオン代表取締役。1986年、日本初のMacintosh専門誌『MACワールド日本版』を創刊。1987年に『MACLIFE』を創刊。以後、『Oracle Life』、『MEDIA FRONT』などPC・IT系雑誌を相次いで創刊。パーソナルコンピュータ、DTP、マルチメディア、インターネットなど情報技術の最新トレンドを紹介。パブリッシャーとしての経験を生かし、インターネット、マルチメディア関連のコンサルティング、プロデュース、セミナー、執筆活動を行う。

文/鈴木拓也(フリーライター兼ボードゲーム制作者)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。