人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

タクシーは○、定期の利用は×!?医療費控除の交通費はどこまで認められるか?

2018.08.30

鉄道・バスを利用した交通費

1.公共交通機関なら問題なし

 基本的に公共交通機関であれば、認められます。近距離でも長距離でも、治療のためそこに行く必要があることが大前提です。しかし、大家族の1年分だとかなりの件数になります。後の整理のためにもパソコンなどにこまめに記録を残しておくことをオススメします。

2.定期を利用した分は認められない

 通院先が自宅から会社の間にある。もしくは、途中までその路線を使えるため、会社支給の定期を使ったというケースでは、交通費として計上することができません。あくまで定期の区間外の部分のみが対象です。

3.やむを得ない理由があるなら新幹線もOK

 交通手段が船、飛行機、新幹線でも、それに乗る必要性があったのなら交通費になります。その治療ができるのが遠方で、在来線を乗り継いで行ったのでは病人に負担がかかりすぎるなどの理由があればいいのです。新幹線の方が快適だからはダメということですね。

 では、列車のグリーン料金はどうなのか。こちらは広い座席じゃないと症状が悪化するなど、診断書等で証明する必要があります。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。