人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.25

23年目にして初対談!及川眠子×高橋洋子が語るエヴァの主題歌「残酷な天使のテーゼ」の生まれた瞬間

『残酷な天使のテーゼ』『魂のルフラン』――今も歌い継がれる名曲を作詞した作詞家の及川眠子さんと、その曲を歌った歌手の高橋洋子さんが、メディアでは初となる対談を行なった。友人であるお二人ならではのリラックスした雰囲気の中、『新世紀エヴァンゲリオン』にまつわるエピソードからスタート!

及川眠子さん
おいかわ・ねこ 作詞家。1960年、和歌山県生まれ。1985年『パッシング・スルー』で、ミニカマスコットソングコンテスト最優秀賞を受賞、作詞家となる。Wink、CoCo、やしきたかじん、大地真央など幅広いジャンルのアーティストに詞を提供するヒットメーカー。直近では、こぶしファクトリー『ナセバナル』、アニメ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』OPテーマ『Fighting Gold』の作詞を担当している。

高橋洋子さん
たかはし・ようこ 歌手。1966年、東京都生まれ。久保田利伸、今井美樹、松任谷由実などのバックコーラスやスタジオミュージシャンを経て、1991年『P.S. I miss you』で本格的にソロ歌手としてデビュー。圧倒的な歌唱力でポップスからジャズ、アニメソングなどジャンルを超えて歌う。2018年6月、ダブルA面シングルとして『残酷な天使のテーゼ/魂のルフラン』をリリース。現在ワールドツアー中。

数々の偶然が重なった『残酷な天使のテーゼ』

及川:『残酷な天使のテーゼ』は、お互い「通りすがり」にもらった仕事なのよね。

高橋:そうなんですよね(笑)。

及川:別の作詞家に依頼することが決まっていたらしいんだけど、私のマネージャーが別の仕事でキングレコードへ行ったときに、たまたまプロデューサーの大月俊倫さんと会って、「あ、じゃあ眠子さんにお願いしようかな」と依頼されたもの。

高橋:すごいですよね、それで決まるって!

及川:そのときにアニメのぶ厚い企画書と未完成の2話分のビデオをもらって、どちらもサッと見たくらいで。それで誰が歌うのか聞いたら「高橋洋子です」というので、大人の女性歌手である洋子ちゃんが14歳の気持ちを歌うのは変だなと思って、視点を「お母さん」「年上の女性」にして詞を書いたんです。

高橋:私はアメリカ留学から帰ってきたところで全然仕事がなくて。それでお世話になっていた作曲家の大森俊之さんに連絡したら、『新世紀エヴァンゲリオン』のエンディングテーマ『FLY ME TO THE MOON』を色んな人が歌う企画をやっているから、所属しているレコード会社がOKなら歌いなよ、と誘われたんです。それで会社にOKをもらって現場へ行ったら、大月さんが「じゃあ主題歌も歌えば?」って。たぶん周りは「え!」とビックリしたと思いますよ(笑)。

及川:曲もそうだったんだよね。

高橋:大森さんが「デモテープをいくつか聞かされて選んだ」って言ってましたね。

及川:そうそう、大月さんから「大森くん、どれが好き?」って聞かれて、「これかな?」「じゃあそれにしよう」と決まって、そうしたら及川さんが通りすがった、じゃあお願い、洋子ちゃんが歌える、じゃあ歌えば、って(笑)。でも洋子ちゃんは歌う前、絵も内容も知らなかったんだよね?

高橋:そうなんです。ただ大森さんから「すごい内容のアニメらしいよ」とは聞いていて。そしたら眠子さんから詞がきて、「天使が残酷なんだ!」と思ったんですよ(笑)。

及川:とは言っても、私だって『新世紀エヴァンゲリオン』は未完成の2話をサッとしか見てなくて、その後『魂のルフラン』と『心よ原始に戻れ』を書くときに、大月さんからデモテープとビデオテープを渡されて「これを見て、思いついたことを書いて」と言われて、青い髪の女の子が1回死んで生き返る回しか見てないの(笑)。洋子ちゃんは『エヴァ』見てるの?

高橋:全部見てます! TV版から新劇場版まで。もー眠子さん、3話過ぎてからが、なお面白いのに!

及川:そうなの?

高橋:私はそこからハマって、全部見たんですよ。リアルタイムでも見てましたし、ブルーレイでも何回も見返してます。あとはAbemaの放送も。ソフト持ってるのに見ちゃうんですよねぇ。ネットの放送で面白いのはコメントが出ること。みんなどう思ってるんだろうというのもわかるし、謎な部分も「ああ、そういうことなんだ」という体験もあるんですよ。

及川:私は未だに、誰と誰が戦ってるのかもわからないの(笑)。

高橋:だから今回『新幹線変形ロボ シンカリオン』でエヴァとコラボしたエピソードが放送されたことはエヴァファンとして嬉しいし、私が歌った『残酷な天使のテーゼ』が使われたのも嬉しかった!

及川:私は『シンカリオン』もよくわかってなくて(笑)。でも「及川眠子」でサーチすると「#シンカリオン」というハッシュタグが出てきて、なんだろうって思ってたんだけど。

高橋:新幹線が大好きな主人公の男の子が、ロボットになる新幹線で戦うアニメなんですよ。そこに碇シンジ、綾波レイ、惣流・アスカ・ラングレーたちが出てきたんです。エヴァファンとしては、どんな形でもいいから新しい絵で動く彼らに会いたい、っていう気持ちがあるんです。それが『シンカリオン』で叶って、しかも夢がある設定になっていたし、小さい子たちが見ても「わあっ」ってなるストーリーで、すごくよかったです。しかも私の歌が流れているのが光栄で……なんだったら私も『シンカリオン』出たいな、って思いましたよ(笑)。

人気アニメ「シンカリオン」と「エヴァンゲリオン」という2大アニメのコラボを記念して、DIMEが『シンカリオン 500 TYPE EVA』のオリジナルクリアファイルを制作! 誌面でも「シンカリオン×エヴァンゲリオン  奇跡の2大アニメコラボに学ぶ『神回』のつくり方」を掲載と、サービス、サービス!!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。