人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1万6666円までの買い物は免税!海外通販で気をつけたい輸入手続きの壁

2018.08.17

◎海外転送サービスが今、注目されている

 海外サイトの中には、閲覧はできても、日本への発送に対応していないショップもまだまだ多い。そんな時に利用したいのが、海外転送サービスだ。

 海外転送サービスとは、ユーザーが海外サイトで購入した商品がアメリカ、ドイツなどの海外拠点(配送センター)に送られ、そこから各国へ届けられるサービスのこと。2016年にアメリカから日本への転送サービスを開始したBuy and Shipによると、「国際輸送は世界的に増えており、日本でも利用者が増加中」だという。

 海外転送サービスのメリットは、ほかにもある。同サービスは大量の荷物を扱う法人契約をしているため、個人で海外宅配便を手配するより、送料が大幅に安いこと。複数のショップからの荷物をまとめて発送してもらえること。荷物の配送状況のリアルタイム確認、丁寧な検品などによって国際配送につきものの商品の破損や紛失などのトラブルが防げることなどだ。ヘビーユーザーからは「まとめての発送で送料が節約できるのはうれしい」「ショップが示した発送料が高い場合は、転送サービスを利用する」「荷物が確実に届く安心感がある」という声も聞かれる。

 最近は、日本にも支社が開設されたり、日本語での問い合わせができるなど、利便性が高まっている海外転送サービス。どの拠点を通じて送ってもらうか選択できるが、どの拠点を通じても一律同料金という会社もある。ショッピングそのものはユーザーが行なうので、海外転送手数料だけでOK。ビギナーにとって強い味方だ。

海外転送サービス

■活用度の高い海外転送サービス

Buy and Ship

貿易大国・香港で成長したBuy and Shipは独自の方法により、海外オンラインショッピングの「買って、送る」をシンプルかつ格安にサポート。

malltail

malltailでは米国・韓国・ヨーロッパ諸国の、海外発送を取り扱っていないサイトで購入した品を、日本へ発送する。

Spearnet

アメリカのサイトで購入した品を日本へ発送できるSpearnet。米国内での荷物の受け取りがオレゴン州のため米国での消費税がかからない。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。