人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

試乗してわかったホンダ「N VAN +STYLE COOL」ターボモデルの走行性能

2018.08.11

N VANには全グレードに自動ブレーキを含む10種類もの先進安全支援機能のホンダセンシングが標準装備されているが、それに含まれる、軽自動車としてたぐいまれな装備と言えるACC=前車追従型クルーズコントロールを高速走行でONにすれば、前車との車間距離を一定に保ってくれるため、プレ自動ブレーキの役目を果たしてくれるとともに、実燃費が10%程度向上する場合もある(これはすべてのACC装着車に言える)。+STYLE COOLのターボモデルのJC08モード燃費は23.8km/Lだが、高速走行メインなら、10km/L台後半も可能だ。

ACCのステアリングスイッチ

と、動力性能や実燃費性能に優れたN VANのターボモデルだが、ホビーユーザーが気になるとすれば、N BOXの1790mmに対してハイルーフで1945mm、標準のロールーフでも1850mmもある全高と操縦安定性の関係だ。

右がN VAN、左がN BOX

しかも、運転席のヒップポイント地上高は、ボックスミニバンのように高いN BOXよりさらに20mm高い。実際、運転姿勢はアップライトかつ、インパネ、N BOXのアウトホイールメーターとは違うオーソドックスなインホイールメーターを見下ろす感じなのである。

が、安心していただきたい。N BOX譲りのプラットフォームが持つ懐の深さを生かした、しっかり感と安定感ある操縦性を、このターボモデルでも実現しているのだ。パワーステアリングは直進感にも優れ、適度な軽さによって実に扱いやすい操作フィールの持ち主。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。