人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.05

働くクルマ改革!ホンダ「N-VAN」の積載力を徹底検証

次世代軽バンの新基準として、働くクルマ、軽バンとしては異例の華々しいデビューを飾ったホンダN VAN。もちろん、アクティやバモスの後継車なのだが、軽バン=キャブオーバーという後輪駆動レイアウトを一新。今、売れに売れているスペース軽軽乗用車N BOXをベースにした前輪駆動で勝負に出たところが大きな特徴だ。

N VAN(左)N BOX(右)

ここでは、軽バンにとってもっとも重要な、積載力にかかわるパッケージについて検証したい。

まずは、これまで、ホンダ・アクティを含む軽バンがなぜ、エンジンを前席の下に配置するキャブオーバーにこだわってきたかと言えば、これはもう、積載力、何よりも室内の前後長をかせぐために尽きる。鼻先=ボンネット部分がほとんどないキャブオーバー車は前席を車体のギリギリ前に配置することができ、最大荷室長をかせぎやすい。クラッシャブルゾーンとか、運転席の真下にエンジンがあるからうるさいとか、後輪駆動ゆえフロアが高くなる弊害ことなど二の次だったのだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ