人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

日本専用ではもったいないぐらいの完成度!15代目『クラウン』の進化を徹底検証

2018.07.15

新型クラウンの室内空間はクラウンらしい伝統的な高級感と先進感が見事に融合した世界。その象徴が上下2画面の液晶パネル。上段はナビ、下段はエアコン表示がデフォルトだが、上段は見るため、手の届きやすい下段はタッチパネル操作するためにある。

また、走行モードとしてこのAVS非装着車はエコ/ノーマル/スポーツが切り替えられるのだが(AVS装着車はエコ/コンフォート/ノーマル/スポーツS/スポーツS+/カスタム)、その違いはしっかり実感できるものの、スイッチの位置が下段液晶パネルの助手席側で、メーターに表示される文字がごく小さい点は気になるところ(スポーツはメーターリングが赤くなるため識別できるが、エコとノーマルの状態が判別しづらい)。

それはともかく、15代目クラウンとしてスタイリング、走行性能、先進安全支援機能、コネクティッドなどの進化が著しいのは明白。個人的には「日本専用車ではもったいない完成度」と感じている。日本の高級車を代表、けん引してきたクラウンがロイヤルカスタマーと呼ばれる歴代ユーザーに、そして始めてクラウンを深く知るような新たなユーザーにどう評価されるかが、とても楽しみである。もし、ロイヤルカスタマーが抵抗感を示すとしたら、それは王冠のエンブレムがなくなった細くクーペライクになったリヤピラー周りのデザインぐらいではないだろうか。しかし、そこにトヨタの挑戦と革新が象徴されているのではないか。

トヨタ・クラウン
https://toyota.jp/crown/

文/青山尚暉

モータージャーナリスト。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。自動車専門誌の編集を経て、現在、モータージャーナリスト、愛犬との快適安心なカーライフを提案するドッグライフプロデューサーのふたつの肩書を持つ。小学館PETomorrowでも「わんこと行くクルマ旅」を連載中。最新刊に「愛犬と乗るクルマ」がある。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。