人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

手で操作するように足でパソコンの操作ができる『足操作マウス』

2018.07.10

「足操作マウス」は、手で操作するマウスのような操作性を持つ、足で操作できるマウスです。

 そもそも「足操作マウス」は、手術中に立ったまま片足でパソコンを操作できるマウスが欲しいという、がんのカテーテル手術の執刀医の要望から開発したのが始まりです。

 その後、開発するにつれ、「上肢障がい者(手の不自由な障がい者)が、パソコンを操作するのにも使える」ことがわかりました。

 今まで、障がい者支援施設や職業訓練施設では従来の手で使うマウスは使えなかったため、パソコンを指導する機会が皆無であり、施設に通っている人はコンピュータの世界の波に取り残されていました。

 コンピュータ化が進んだ現代においては、パソコンが使えないというのは、大変困ります。実に由々しき問題です。

「足操作マウス」を導入することで、上肢障がい者がパソコンを操作できるようになります。

 これにより、自治体や国立の施設でパソコンの職業訓練が可能になり、今までパソコンが使えず就業の機会が与えられなかった人たちの生活環境が、これからは好転するのではないでしょうか。

 もちろん、「足操作マウス」は健常者も使えます。その場合、両手でキーボード入力をしながら、足でカーソル移動やクリック操作ができます。

「足操作マウス」で、「カーソル」を動かせるのは分かったけれど、じゃあ「文字入力」はどうするの?と思われる方もおられると思います。

 ご安心下さい。パソコン画面上にキーボードを表示して、クリックなどで文字入力やキーボード操作げできる「スクリーンキーボード」という機能が、パソコンには標準で搭載されているので、「足操作マウス」だけでもキー入力が可能です!

 スマホも足で操作可能です!

足操作マウスとスクリーンキーボードで簡単文字入力

「足操作マウス」のクリック機構は、足で操作する時に、大変使いやすい構造になっています。

 手に不自由がある人への福音。足でパソコンが操作できる「足操作マウス」。

 これからは、みんながパソコンの操作に慣れ親しんで、豊かな人生が送れるようになりたいですね。

※資料 https://www.be-alive.co.jp/
※資料・画像引用 筆者自身の撮影によるもの、もしくはメーカー・販売店サイト、またはwikipediaなど
※本記事は、執筆時点でネットに公開された資料や取材による情報に基づく商品やサービスの異訳調の紹介風なエッセイとなりますが、筆者及び編集部はその内容や継続性等を保障するものでは御座いません。

文/FURU

デジタル系ガジェットに散財する、サラリーマン兼漫画描き兼ライター。電脳ネタがテーマの漫画を得意とする→http://www.furuyan.com

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。