小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【開発秘話】発売から5日間で300万食売れたマクドナルド『グラン』シリーズ

2018.07.04

■「NABIT」でつくり方などの情報を14万人と共有

 しかしマクドナルドのようなチェーン店の場合、どこで注文しても同じ見た目、味であることが不可欠。発売前に、全店舗がつくり方を正しく理解しておく必要がある。しかも、一気に3商品も増えるため、漏れなく効率良くトレーニングしなければならなかった。

 そのために活用したのが、「NABIT」と呼ばれる独自の仕組みだ。「NABIT」とは重要な施策を店舗で着実に実行してもらうために実施する、時間と手間をかけて行なうセッションのこと。年に数回しか実施されないもので、重要度の高い施策が対象になる。

『グラン』シリーズ発売に伴う「NABIT」は2017年1月に実施された。一度実施すると本社スタッフ、エリアマネージャー、店長、クルー(店舗で働くアルバイトスタッフ)の順に情報が拡散し、最終的には約14万人で情報を共有する。『グラン』シリーズの発売に当たっては、つくり方、きれいにつくるTIPS、お客様が期待していること、オーダーを受ける際のコミュニケーションのノウハウなどを伝えた。

「NABIT」のほかには、各店舗にマグネット式のシミュレーションツールを配布。10円玉ほどのコマ(マグネット)をバンズ、パティ、レタス、チーズ、ケチャップなどに見立て、これらを重ねることでつくり方の手順を学べるようにした。

■プロモーションを繰り返さないと忘れられてしまう

『グラン』シリーズ発売に当たり同社は、テレビCMやSNS上でのコミュニケーション、PRイベントを実施し、大々的に告知を行なった。8年ぶりのレギュラーメニューということもあり自然と力が入ったが、発売からしばらくした後も、思い出してもらえるよう、定期的にプロモーションを実施しているという。「お客様の意識が薄れ売れ行きが落ち着いたときにプロモーションすることを繰り返しています。そうしないと段々忘れられてしまうからです。『グラン』シリーズは、レギュラーメニューというよりも期間限定メニューだと思われてしまったところがあるので、レギュラーメニューだということを印象づけると同時に、ビーフ100%パティとふわふわ・もちもちバンズ、といった特徴を強調しています」と若菜氏は話す。

★★★取材からわかった『グラン』シリーズのヒット要因3★★★

1.味と見た目のつくり込み

 バンズ、パティ、ベーコン、トマト、レタス、チーズ、といった具材類をそれぞれ吟味し最適な組み合わせを探った。加えて、美味しそうに見えることも重視した。

2.何度でも食べたくなる味

 目指したのは奇をてらったユニークなものではなく王道の味。王道の味を追求することにより、何度でも食べたくなるほどの完成度に高めた。

3.どこで注文しても同じ品質

 チェーン店はどこで注文しても、味、見た目が同じなのが普通だが、店舗数が多くなればなるほど、この当たり前のことが難しくなる。この課題に対し、「NABIT」を中心に全社的につくり方を徹底したことで、品質を維持している。

 現在のところ、『グラン』シリーズの売れ行きは想定通りとのこと。だが、レギュラーメニューとして今後も残り続けるには、常に想定通り、もしくは想定以上に売れ続けなければならない。多くの人に美味しい思い出をつくってもらうためにも、今後はテコ入れも必要になってくるだろう。

文/大沢裕司

ものづくりに関することを中心に、割と幅広く色々なことを取材するライター。主な取材テーマは商品開発、技術開発、生産、工場、など。当連載のネタ探しに日々奔走中。近著に「バカ売れ法則大全」(共著、SBクリエイティブ)。

■連載/ヒット商品開発秘話

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。