人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.01

忘れっぽい人必見!iPhoneのリマインダーおすすめ機能

iPhoneのリマインダーアプリをご存知だろうか。「存在は知っているものの、使用していない」という方も多いかもしれない。しかし、リマインダーの使い方を1度覚えれば、生活する上で手放せないアプリの1つになるだろう。

今回はiPhoneのリマインダーを最大限活用するために、知っておきたいおすすめ機能をいくつか紹介する。「忘れっぽい」「メモしたことすら忘れてしまう」という方は、ぜひリマインダーを活用してほしい。

■リマインダーの基本

リマインダーは、iPhoneにはじめからインストールされているタスク管理アプリ。リマインドしたいタスクや、買わなくてはいけないものなどを記録しておき、必要に応じて通知を受け取ることができる。

少しややこしいが、リマインダーには「リマインダー」と「リスト」が存在する。リマインダーはそれぞれのタスクのことで、リストはそのリマインダーを束ねるフォルダのような役割を担っている。例えば、「買うもの」というリストの中に「シャンプー」「コンディショナー」というリマインダーがあるイメージだ。

【リマインダー/リストの新規作成方法】
1.リマインダーアプリを起動する
2.画面右上の「+」ボタンをタップする
3.「リマインダー」か「リスト」を選択する
4.リマインドしたいタスクを入力する

※すでにあるリストにリマインダーを追加する場合には、リスト内の「+」をタップする。

入力したそれぞれのリマインダーにチェック(左の◯印をタップ)を入れることで、終了したタスクを表示させないようにすることが可能だ。リスト下部の「実行済みの項目を表示」をタップしチェックを外せば、再度同じリマインダーを使用することもできる。今後利用することがないリマインダーは、左にスワイプし「削除」をタップしよう。

■指定した時間で通知する

リマインダーを使用する上で覚えておきたいのが、時間を指定した通知機能だ。例えば、「明日の19:00(帰宅時など)に、ドラッグストアに寄ること」を忘れないように、リマインダーで19:00に「ドラッグストア」と通知を受け取ることができる。

【リマインダーで時間を指定する方法】
1.時間指定をしたいリマインダーをタップ
2.リマインダーの右側に表示される「i」ボタンをタップ
3.「指定日時で通知」を選択して、任意の日時を入力する
4.必要であれば「優先順位」を選択する

一定の間隔で繰り返すタスクには、「繰り返し設定」をしておこう。毎日・毎週・隔週・毎月・毎年の5つに加え、自分が設定した間隔で通知を行う「カスタム」も選択可能だ。「指定日時で通知」をするリマインダーは「日時設定あり」のリストにも表示され、指定した時間になると通知をしてくれる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。