人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

サンバレーの真空管アンプキット『SV-Pre1616D』のベストサウンドを検証!

2018.06.05

●ダイオードモジュール/Mullard 12AX7 3本

ゲインが高く、解像度も高く、シャープな音だ。ダイオードモジュールはキットの付属品なので、余分な出費なしで使えて高性能。見た目はアルミ電解コンデンサー風で違和感はないが、雰囲気は真空管の方がいい。

●BUGERA「5AR4」/Mullard 12AX7 3本

ダイオードと比較すると音色はややウォーム。わりとカッチリした音で、パワーアンプの300Bの音をキリッとさせる方向。低価格な球だが平均点以上の音だ。背が低いのでデスクトップに置きやすい。そして、ヒーターがかなり明るいので昼でも煌々と輝く。

●RCA「5R4GY」/Mullard 12AX7 3本

クッキリとしたシャープな音。クリアで透明感がある。音色はウォーム。情報量は減って大人しい音になる。粒立ち重視、女性ボーカルはサラサラした感じで悪くない。ボーカルに厚みが出る。サイズに問題なければ、これもハイコスパな整流管だ。

●「4274A」/Mullard 12AX7 3本

ピンの形状が違うためアダプターを使って装着。見た目はかなりカッコ悪い。落ち着いた音でやや地味。キリリと締まった感じの音だ。音数は整理されてやや少ないイメージ。ボーカルはなめらかで魅力的だ。アダプターを使ってまで使う理由はなさそうだ。

●WesternElectronic「274B」/Mullard 12AX7 3本

超高額真空管なので、聴く時にバイアスがかかってしまいそう。中低域が膨らんだ感じで前に出る音。音数は多く、透明感がある。ボーカルはなめらかでややウエット。見た目のバランス的には整流管が大きすぎる感じだ。「274B」は人気の整流管なので各社から発売されており、球転がしには最適と言える。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。