人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.09

絵心がなくても最低限のイラストを描けるようになるコツ

 

■絵心はゼロでもイラストは描ける

 アートとは縁遠い職種に就いていても、「ちょっとしたイラストが描けたら……」と感じる場面は多い。例えば、ホワイトボードで新製品のコンセプトをプレゼンするとき、ブレインストーミングで自分のアイデアをビジュアル表現する時、パワーポイントの企画書にワンポイント画像を添えたいと思った時など、いろいろあるだろう。プライベートでも、SNS映え強化の手製イラストや暑中見舞いの風鈴の絵など、自作のイラストで相手に好印象を与えるチャンスは結構ある。

 こんな時に、「自分には絵心がないから……」と諦めてしまうのは早計だ。最近は、絵心ゼロを自認する人向けの独習テキストがいろいろと出ており、ちょっとのモチベーションと隙間時間さえあれば、最低限のイラスト(デッサン)は描けるようになる。今回はそうしたテキストの1冊『線一本からはじめる伝わる絵の描き方』(OCHABI Institute著/インプレス刊)から、そのエッセンスをちょっと紹介してみよう。

■奥行き感のあるショートケーキを描く

 下の画像は典型的なイチゴのショートケーキ。これを「奥行きを保ったまま描く」と考えただけで尻込みしてしまうかもしれない。

 でも、心配は無用。まずは、「身の回りにあるもののほとんどは、〇(丸、円)、△(三角)、□(四角)といったシンプルな図形を組み合わせて表現できる」という点をおさえておこう。それをふまえて、最初にケーキの上の面(三角)を描いてみよう。

 真上から見た場合は、ほぼ二等辺三角形だが、これに奥行きを与えるので、手前の長辺を描いたら、それより少し短く奥側の長辺を描いて、最後に短辺をつなげる。

 次に側面を描く。このとき平行四辺形を意識する。

 2本の垂直線をそれぞれ同じ長さで描き、最後に底面の線を描く(それぞれ平行になるように)。

 デコレーションを描き加えれば、もう完成。

 上にのっている飾りは垂直を意識し、サンドされている部分は底辺と平行を意識して描く。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ