人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.12

国産車も真っ青!?パッケージとユーティリティーの高さが魅力のボルボ『XC40』

今、もっとも注目すべき比較的手ごろな輸入車の1台がボルボXC40だと思っている。このところボルボの勢いは目覚ましいものがあり、XC60が2017-2018年 日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。3月には同XC60が2018年ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。さらにはここで紹介するXC40が2018年欧州カー・オブ・ザ・イヤーをボルボとして初受賞しているのだ。

犬をモチーフにしているという顔つき=フロントマスクを持つXC40はボルボ初のコンパクトプレミアムクロスオーバーSUV。だとすれば、新世代ボルボのXC90、XC60の直系弟分と思われがちだが、そうではない。プラットフォームはXC90、XC60などのSPA(スケーラブルプロダクトアーキテクチャー)ではなく、ボルボ最新のCMA(コンパクトモジュラーアーキテクチャー)プラットフォームを採用しているのがその理由のひとつ。

さらにXC90、XC60がファミリーやビジネスユースを狙っているのに対して、XC40は都市型のパーソナルカーを標榜しているのである。ボディサイズは全長4425×全幅1875×全高1660mm。ホイールベース2700mmというもの。同セグメントに属するBMW X1やアウディQ3といったライバルよりやや大きめだが、もちろんXC60の全長4690×全幅1900mm、ホイールベース2865mmより絶対的にコンパクト(全高、および5.7mの最小回転半径はXC60とまったく同じだ)。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ