小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ジャガー『E-PACE』が今、最もお買い得なSUVだと言い切れる理由

2018.05.05

 今回は鎌倉の海岸線周辺で「R-Dynamic HSE 2.0」の「P250」を走らせた。メーターの視認性はもちろん、運転席正面のヘッドアップディスプレイのカラー表示がまた見やすくていい。視界についてはサイドミラーとAピラー(フロントウインドウ左右の柱)がつくる死角が少々気になったが、デザインの個性と視認性のバランスを考えれば“あえて言うなら…”というポイントだ。実は、それ以外に気になる点はほとんどなかった。

 駐車スペースから通りへと『E-PACE』のP250を走らせると、独特の質量感“濃厚”な動力に頼もしさのみならず、豊かさすら感じられた。レザーのバックでもその革質によって独特に重さが“らしさ”として満足できるような、「なるほど」という感覚。街中~有料道路を走らせる速度での加速は正直、十二分で、私は途中から走行モードをエコモードに切り替えたほど。

 ただし、獰猛なわけではない。高速道路やアップダウンのあるワインディングでは欲しいトルクを思い通りに与えてくれた。ただ、街中ではエコモードが優しく感じられる。

 フラットな中にしっとりとした乗り心地が得られる上質な居心地の良さもいいし、静かだ。

 そんな中で魅せてくれたハンドリングの1シーンが今回はとても印象に残っている。海岸線を走る緩やかな坂とコーナーを駆け上がるときの四輪のドッシリ感と、しかしスムースなコーナリングの質というか、ジャガーのドライブフィールのセンスが見えた気がしたのだ。このサイズとこの調子なら九十九折のコーナーを軽快に走ることも期待ができる。が、緩やかなカーブで操作したハンドルのしっとりとした手ごたえ、僅かにアクセルペダルを踏み込んだ時のリニアで厚みのあるエンジントルクが生む『E-PACE』の運動性能の頼もしさと気持ち良さが一瞬で見えた気がしたのだ。

 コンパクトSUVの『E-PACE』は後席もラゲッジスペースもこのサイズにして十分な実用性を持つ。価格は451万円~。これまでジャガーに憧れを抱いていた人、またSUVに興味を抱いている人にとって、身近に感じられるチャンスかもしれない。

■関連情報
https://www.jaguar.co.jp/jaguar-range/e-pace/models/e-pace.html

文/飯田裕子(モータージャーナリスト)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。