人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.08

心臓手術を体験して感じたこと(1)病気の発見から病名確定まで

■中高年のための健康講座(10)

 昨年から各メディアで見聞きする心臓の病気といえば、武田信玄と上杉謙信の掛け合いによる日本心臓財団の「それ、年のせいでなく弁膜症かも」(ACジャパン支援キャンペーン)だろう。

 息切れや疲れやすいなどの兆候があれば、早めに病院へ行き検診を受けることを進言する内容だ。特に高齢者層をターゲットにしていることも伝わってくるが、中高年層にも危険性はある。突然病気が発見されることも珍しくない。何を隠そう、筆者もそのひとりだった。

 そこで実体験を元に、弁膜症の発見から手術する病院選び、術前検査や入院生活、術後のリハビリと日常生活について患者目線の経験談をお伝えしよう。
*手術は2002年末

No.1 病気の発見から病名確定まで
No.2 手術までの経緯
No.3 手術。治療後の日常生活

■弁膜症の基礎知識

 まずは弁膜症について簡単に説明しよう。

 心臓には右心房・右心室・左心房・左心室という4つの部屋があり、その出口の弁が血液を一方通行に流れるよう調整している。それがしっかり機能していない状態が弁膜症だ。

 4つある弁(三尖弁・肺動脈弁・僧帽弁・大動脈弁)のうち、治療が必要になるのはほとんどの場合、左心房出口の僧房弁か左心室出口の大動脈弁。しっかり開かないことを狭窄症、閉じないことを閉鎖不全と呼ぶ。

 筆者は「大動脈弁閉鎖不全症」だったので、心臓(左心室)から全身に勢いよく血液を送り出す際、その一部が左心室に逆流していた。すると全身に送るべき血液量が不足するので、左心室は部屋を広くすることで対応しようと無理をする。結果、心臓の拡大や肥大が起こり、息切れ・動機・倦怠感など、心不全を引き起こすリスクが高まる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ