人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

10万円以下でビジネスクラスに乗る4つの裏ワザ

2018.05.19

【10万円以下でビジネスクラス】通常だと50万円以上することも珍しくないビジネスクラス。窮屈なエコノミーから比べると別世界だけに、一度は乗ってみたいと思っている人も多いはず。実は誰でもお得に乗れる方法があるんです! これからの行楽シーズンに使える裏ワザをこっそり伝授します。

ビジネスクラス

1.東南アジアなら10万円以下!外資系航空会社のビジネスクラスを狙え!

日本に乗り入れている外資系航空会社の中にはセール運賃などで通常ではあり得ない価格でビジネスクラスを販売する航空会社もある。ここ最近でセール運賃が出やすい航空会社としては、マレーシア航空、エアチャイナ、カタール航空などが挙げられる。航空券が安くても機内サービスなどはもちろん同じだ。

【 狙い目はここ!】

狙い目はここ!

[マレーシア航空]
東京からクアラルンプール乗り換えのバリ島行きが約11万円、シドニーまで約20万円で買えることも。JALのマイル積算も可。

[エアチャイナ]
東京から北京乗り換えの東南アジア行き(タイ、シンガポールなど)が8万円台。ANAにマイル積算可。

[カタール航空]
セール時には、ドーハ乗り換えのヨーロッパ行きが20万~25万円程度に。最新鋭シートに乗れる。

2.短区間なら往復5万円台で乗れる!

まずはお試しとして10万円以下で往復できる短区間のビジネスクラスに乗ってみるのもありだ。もちろん空港ではラウンジで寛ぐこともできる。短距離でも長距離路線向けの最新鋭ビジネスクラスが搭載されている便もある。

【 例えばこんな路線がオススメ 】

[エティハド航空(中部〜北京)]
中部~アブダビ線は北京経由で中部~北京のみでも乗れる。最新鋭ビジネスクラスが往復8万円台で。

[アシアナ航空(東京〜ソウル)]
東京から最も気軽に乗れるのがアシアナ航空。往復5万円台で羽田・成田のANAラウンジも使える。

[JAL(東京〜台北)]
JALで10万円以下で乗れるのが東京~台北線。便によってスカイスイート仕様のシートに乗れる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。