人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

130km/hで京阪神を駆け抜けるJR西日本の新快速を賢く使いこなすコツ

2018.04.30

■新快速を補完する特急

新大阪を発車した新快速。かつては京都―大阪間ノンストップ運転だった。

 新快速の平日ラッシュ時は7~8分間隔で運転され、夕方は大阪始発列車も設定されている。しかし、指定席やグリーン車が連結されていない。幸い在来線の米原―岡山間は、定期券と自由席特急券で、特急の普通車自由席に乗車できる。

特急〈はまかぜ6号〉が終点大阪に到着すると、特急〈びわこエクスプレス2号〉草津行きとして、さらに進む。

関空特急〈はるか〉は、おもに京都―関西空港間を結ぶ。

 JR西日本は、特急〈びわこエクスプレス〉(平日のみ運転)を米原・草津―大阪間に下り1本、上り2本を設定しているほか、関空特急〈はるか〉2往復を米原発着、下り1本を草津始発にして、遠距離通勤客に対応している。

 両列車とも、自由席、指定席、グリーン車(特急〈びわこエクスプレス2号〉草津行きを除く)を連結。参考までに自由席特急料金は、米原―新大阪・大阪間1830円、草津―新大阪・大阪間1180円、京都―新大阪・大阪間650円である。

特急〈スーパーはくと〉は、京都―鳥取・倉吉間を結ぶ。

 ほか、補完とは言えないが、特急〈はまかぜ〉〈スーパーはくと〉大阪―明石・姫路間の自由席特急料金は970円。おそらく、月に数回は、これらの列車に乗って帰宅されている方もいるのではないだろうか。

取材・文/岸田法眼

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。