小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

LCCなのにフルフラットで片道3万円台!エアアジアXの超人気ビジネスクラス搭乗レポート

2018.04.15PR

約15分後にシートベルトサインが消灯し、プレミアムフラットベッドの乗客には毛布(ブランケット)が配られた。エコノミークラスでは毛布は有料で購入もしくは貸し出しとなるが、今回は料金に含まれている。

機内食「タイ風チキングリーンカレー」と「ナシレマ」

その後、機内食の時間となる。プレミアムフラットベッドの乗客は、軽食の機内食1食が含まれており、航空券購入時にいくつかのメニューの中から選ぶことができる。今回は二人だったので「タイ風チキングリーンカレー」と代表的なマレー料理「ナシレマ」を注文。タイ風チキングリーンカレーは、ココナッツミルクが効いており、ご飯(タイ米)との相性もよく、あっという間に食べ終えた。東南アジアへ向かう機内で食べるにはいいだろう。また、ナシレマは、ココナッツライスの上に、鶏の煮込み(チキンレンダン)やアンチョビフライやナッツ、卵などが乗っている。特に鶏の煮込みが美味しかったという印象だ。筆者もエアアジアXにこれまでも何度か搭乗しているが、年々、機内食のレベルが上がっていることは間違いない。LCCの中でもレベルは高い方だろう。機内食にはミネラルウォーターが1本付いているが、ビールやワインなどといったアルコール類やコーラなどのソフトドリンク、また食後のコーヒーなどについても全て別料金での有料販売となる。ビジネスクラスといえども、乗っている飛行機はLCCなのである。食事は、離陸後すぐに出してもらっている乗客がほとんどだったが、希望があれば到着前に出してもらうことも可能となっている。

機内食として提供された「タイ風チキングリーンカレー」とマレー料理「ナシレマ」

フルフラットシート

そして、食事を終えると日本時間で深夜1時を過ぎており、ほとんどの乗客は睡眠タイムに。筆者もシート横のボタンを押し、電動リクライニングでフルフラットシートが完成し、頭には枕、体全体にブランケットを掛けて、そのまま自然に眠りにつくことができた。他のLCCでは、フルサービスキャリアのプレミアムエコノミークラスに近いビジネスクラスが多い中、エアアジアXのビジネスクラスのありがたさを改めて感じた瞬間だった。特に今回のような夜行便においては、グッスリ眠れることで朝、到着してからすぐに動けるというメリットがある。

フルフラットシートで無料貸し出しの毛布と枕でクアラルンプールまでぐっすり

パーソナルライトも完備

パーソナルライトもあるので読書をする時などは重宝する

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。