人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

LCCなのにフルフラットで片道3万円台!エアアジアXの超人気ビジネスクラス搭乗レポート

2018.04.15

4/16発売のDIMEではビジネスクラスに乗る裏ワザを特集しています。今回特集の取材も兼ね、最近人気が急上昇しているLCCのビジネスクラスを体験取材してきました。
ぜひ本誌と併せてご覧ください!

<オンラインでのご購入はこちらから!>


Amazon http://amzn.asia/2Uh96Ab
楽天 https://books.rakuten.co.jp/rb/15419088/
7net https://7net.omni7.jp/detail/1207661010

エアアジアXのビジネスクラス「プレミアムフラットベッド」

LCC(格安航空会社)のうち、中距離国際線LCCに就航しているのが、エアアジアX、スクート、ジェットスターの3社となっている。その中でフルサービスキャリアに近いビジネスクラスシートを採用しているのが、エアアジアXのビジネスクラス「プレミアムフラットベッド」である。

エアアジアXはLCCでありながらもフルフラットになるビジネスクラスシート「プレミアムフラットベッド」を導入している

フラットシートという言葉通り、電動式のリクライニングボタンを押すことで、枕元から足元までが一直線の水平となるのだ。ただ、フルサービスキャリアの最新型ビジネスクラスでは、床面と完全に水平となり、自宅のベッドに近い形となるが、エアアジアXの「プレミアムフラットベッド」ではライフラットと呼ばれる少し傾斜のあるフルフラットシートとなっているのが特徴。フルサービスキャリアの一世代前のビジネスクラスというイメージだ。後ほど運賃についても触れるが、LCCということを考えると、費用対効果においては抜群のシートであることは間違いない。

エアアジアXの「プレミアムフラットベッド」は2-2-2の配列で全て2席掛けになっている。

フルフラットなら夜行便もラクラク。リクライニングは電動式になっている

日本発着路線で「プレミアムフラットベッド」に乗ることができるのは、エアアジアXの羽田・関西・新千歳~クアラルンプール、関西~ホノルル、タイ・エアアジアXの成田・関西・新千歳~バンコク、インドネシア・エアアジアXの成田~バリ島(デンパサール)、更に5月就航の成田~ジャカルタと各路線。全路線、エアバスA330-300型機を使用しており、最前方の2列分12席のみが「プレミアムフラットベッド」の設定となっている。運賃は、エコノミークラス同様に空席連動に応じて変動するが、片道5~12万円程度が相場となるが、不定期に販売されるセール運賃を活用することによって片道3万円台で買えてしまうこともあるのだ。

エアアジアXはエアバスA330-300型機で運航

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。