人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.01

ToDoリストと何が違う?米国発の話題の手帳術「バレットジャーナル」

 箇条書きを記す際に、左端につける中黒(・)を英語ではbullet(バレット)とよぶ。このバレットを使った米国生まれの手帳術「バレットジャーナル」が、日本でも本格的に普及する気配がある。

 手帖の箇条書きですぐ思い浮かぶのは、多くの人が実践しているTo doリスト。『バレットジャーナル』は、To doリストの別の言い方だと早合点する人もいるかもしれないが、実は結構違う。では、『バレットジャーナル』は、ふつうのTo doリストとどう違い、どんなメリットがあるのだろうか?

 バレットジャーナルの解説・情報サイト『わたしのバレットジャーナル♥』を運営しているすみれさんに、バレットジャーナルの基本的な点を教えていただいた。

■To doリストとの違い

Q:バレットジャーナルには、手帖に箇条書きしてタスクを管理するという点で、To doリストと共通したものがあります。ざっくり言うとTo doリストとの大きな相違点とは、どのようなものでしょうか?

すみれさん:バレットジャーナルとは、箇条書きを利用することを中心に考えられたノート術です。「過去を追跡し、現在を整理し、未来を計画するもの」といわれています。

 To doリストとの大きな相違点は、記号を用いて箇条書きの内容をカテゴリ分けすること、そしてリストをレビューし、未完のタスクがまだ取り組む価値のあるものかを判断し、価値あるタスクは別の日へ移動させるという定期的なレビュープロセスがあることです。

■バレットジャーナルの使い方

Q:具体的にどのように使うのでしょうか?

すみれさん:バレットジャーナルでは、短くて簡潔な文で予定を箇条書きしていきます。その際、記号を用いて箇条書きの内容を、タスク、イベント、メモの3種類に分けることができます。

タスクとはすぐに実行可能なもので、シンプルにドット(・)で表します。 また、優先させるタスクにはアスタリスク(*)を使います。箇条書きの左横に書き込んでおけば、重要なタスクを素早く見つけることができます。

ドットとアスタリスクの記入例

 次にイベントですが、誕生日などの記念日やアポなど、日付を動かせない項目のことです。これは、白丸(○)で表します。

イベントの記入例

 そしてメモは、ダッシュ(━)で表します。情報やアイデアなど、覚えておきたいけれど、すぐに実行しなくてもいいものや、必ずしもやらなくてもいいことを書きます。

ダッシュの記入例

 どんなことも短い文で簡潔に書くことが鉄則です。それらについて詳しい内容を書き加えたい場合は、別のページに書くようにします。

 1日の終わりに、今日のタスクリストをレビューし、完了したタスクやイベントにはバツ(×)を上書きします。

完了したタスクやイベントにはバツをつける

「×」が付いていない未完のタスクをどうすべきか、ここで判断します。 そのタスクがもう無用なのであれば、取消し線で削除します。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ