小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新開発プラットフォーム「CMA」を採用したボルボのコンパクトSUV『XC40』発売

2018.03.29

16種類以上の安全・運転支援技術を標準装備

最新のテクノロジーを活用し、90シリーズや新型XC60とほぼ同等となる16種類以上の先進安全・運転支援技術「インテリセーフ」を標準装備した。具体的には「歩行者・サイクリスト・大型動物検知機能付衝突回避・軽減フルオートブレーキ・システム」、「パイロット・アシスト(車線維持支援機能)」、「BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」などの充実した機能を搭載するほか、新型XC40では新機能として「オートブレーキ機能付CTA(クロス・トラフィック・アラート)」を搭載。これは、駐車スペースから後退して出庫する際、リヤバンパーに内蔵されたミリ波レーダーによって接近する車両を検知し、警告音でドライバーに知らせるとともに、必要に応じてオートブレーキを作動させ、衝突の回避または衝突被害の軽減を図るものだ。

2つのパワートレインを設定

新型『XC40』では燃費効率とパフォーマンスを両立する新世代パワートレイン(Drive-E)として、出力の異なる「T4」「T5」2種類の2.0リッター4気筒直噴ターボエンジンを搭載した。駆動方式は、電子制御AWDシステムをベースに、「T4」エンジン搭載車にはFFモデルも用意されている。トランスミッションは、8速ギアトロニック付オートマチック・トランスミッションを採用し、なめらかな変速動作とダイレクト感のある走りを実現。また、将来的には、プラグインハイブリット、EVモデルも追加される予定だという。

直感的な操作が可能なインフォテイメントシステム「SENSUS」

『XC40』はドライバーが直感的に操作できる独自のインフォテイメントシステム「SENSUS(センサス)」を搭載している。インパネ中央に配置された9インチのセンターディスプレイは、赤外線方式タッチスクリーンを採用しており、北欧生まれらしく手袋をしていても操作が可能だ。またドライバーが走行中に必要な情報は、12.3インチ・ドライバー・ディスプレイ(メーターパネル)にも表示。さらに、音声認識機能により視線の移動をすることなく、ナビゲーションの目的地の設定やエアコンの温度調整、メディアの操作などの幅広い操作を音声で行なうことが可能だ。「SENSUS」はApple社のCarPlayとGoogle社のAndroid Autoに対応している(一部グレードはオプション)。

関連情報

https://www.volvocars.com/jp

構成/編集部

 

 


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。