小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

お手頃価格と高音質でバカ売れしたfinalのイヤホン最新モデル『E4000』『E5000』をレビュー

2018.03.28

 ドライバーは『E4000』『E5000』共に6.4mmダイナミック型で、筐体は『E4000』がアルミニウムブラックアルマイト仕上げ、『E5000』がステンレス鏡面仕上げで共に金属削り出し。インピーダンス/感度が『E4000』は15Ω/97dB、『E5000』は14Ω/93dBと感度が低く、小さな音からボリュームを挙げていくと聞こえる音の世界が広がっていく体験ができるモデルだ。

『E2000』『E3000』より追い込んだチューニングを狙った『E4000』『E5000』

目指すのは”80%の人から「いいね」”から”50%の人から「凄くいいね」”へ

『E4000』『E5000』のスペック

■はたして、その音は?

 実際に『E4000』『E5000』の試作機のサウンドも試聴してみると、『E4000』は、実にしなやかでクリア、そして地味と呼ぶしかない上質なサウンド。低音のボリューム感を音の見通しと共に向上させている。『E5000』は聴いてすぐ、全く癖がなく音を見通せ、高域までスムーズに聴ける素晴らしく心地よい高音質だ。

『E4000』『E5000』の試作機を試聴

『E2000』『E3000』でfinalが提示した提示する”良い音とは何か?”への答え、そしてさらなる高みを求める人は、『E4000』『E5000』の発売を期待していてほしい。

取材・文/折原 一也
オーディオ・ビジュアルライター

■連載/折原一也のAudio&Visual最前線


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。