小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

東海道新幹線の新型車両『N700S』の〝見えない〟進化をチェック

2018.03.25

04:より安全に、より揺れが少ない車両に!

どんなに高性能でもなによりも優先しなくてはいけないのが「安全性」。N700Aで採用されたる「状態監視機能」がN700Sではより強化された。これまで機器の動作速度などを「基準値―故障範囲」で監視していたものから、新たに「予兆範囲」を追加。予兆の段階を拾うことでこれまで以上に故障を防止できるようになった。車上で集められたデータは地上に伝送されるが、この速度もN700Aから10倍へと進化している。

故障する前に予兆を検知してトラブルを防ぐシステムを強化。(画像提供:JR東海)

またN700Sの顔ともいえる先頭形状は新たに「デュアル スプリーム ウィング形」を採用。N700Aよりもエッジを立て、走行風を整流し走行抵抗や騒音を軽減。また、新幹線のように高速で移動すると先頭車だけでなく、最後尾の車両にも揺れが生じる。そこで今回の先頭形状は最後尾車での動揺提言も念頭に置いて設計。さらにグリーン車には揺れの方向をセンサーが検知してその揺れとは逆に機械的な力を加えて揺れを抑え込む「フルアクティブ制振制御装置」を搭載。また、普通車にも「セミアクティブ制振制御装置」を搭載し、より揺れの少ない車両となっている。

新設計の「デュアル スプリーム ウィング形」。N700Aに比べて若干掘りが深い顔立ちになった。

構造的に大型化する傾向にあるフルアクティブ制振制御装置もシンプルな構成とすることにより小型・軽量化を図った。(画像提供:JR東海)

どうです、N700S! 見た目からはわからない進化だらけの新型車両でしょう!? むしろ変わっていないのは1323席という座席数くらいかも。一刻も早く乗ってみたいけど、営業開始予定はもうちょっと先の2020年度の予定。これからN700Sはまず深夜時間帯の走行試験を経て、日中時間帯の試験に移行する見込み。今から沿線でその姿を見るのが楽しみだ! 

取材・文・撮影/村上悠太


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。