人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.24

レッドゾーンは1万5000回転!水冷4スト並列4気筒250ccネイキッドの名車を振り返る

『ニンジャ250』や『Vストローム250』など、いま250ccバイクが人気だ。しかし、かつて今以上に250ccクラスが支持を得ていた時代があった。それが80~90年代に社会現象にもなった「レーサーレプリカ」ブームであり、そのあとに続く「ネイキッド」ブーム。なかでも「ネイキッド」といえば、400cc以上が注目されがちだが、実際は250ccにも人気のモデルは多かった。ここでは、そんな古き良きネイキッドたちを振り返りたい。

■どこまでも回るエンジンとコンパクトな車体の好バランス

 レーサーレプリカブーム真っ只中の80年代の終わり、「高性能こそ優れている」という当時の風潮に風穴を開けたのがカワサキ『ゼファー400』である。ダブルクレードルフレームに空冷4ストDOHC2バルブ並列4気筒エンジンという「何の変哲もない」モデルであったが、それが多くのライダーの心をつかむことになった。

 速く走るだけがバイクの魅力ではない。日常に溶け込むスタイリングと必要にして十分なパワーは、バイク本来の楽しさを多くのライダーに気づかせてくれたのである。そして、『ゼファー』からはじまったネイキッドブームは、『CB400スーパーフォア』や『XJR400』といったライバルを生み出した。また上位クラスにおいても『ゼファー750/1100』や『CB1000スーパーフォア』、『XJR1200』などがリリースされ、扱いきれるパワーと飽きの来ないスタイリングは普遍のモデルとして、絶対的な地位を獲得したのだ。

 だからこそ、今でも「ネイキッド」と聞くと多くのライダーは400cc以上をイメージしがちなのだが、じつは250ccクラスにも注目すべきモデルは多かった。

 400cc以上のモデルがリアに2本サスを持ち、いかにもオートバイ然としたオーソドックスなスタイリングを持っているのに対し、250ccネイキッドはモノサスのモデルが多く、さらにスタイリングもオーソドックスのなかに独自のアクセントを加えたものが多い。これは同じ普通二輪免許で乗れる400ccクラスとのデザイン上の差別化に加え、パワーで劣る分、少しでもスポーティーイメージをアップさせようという意図があったのではないかと思われる。

 さて、そんな当時の250ccネイキッド最大の魅力といえば、やっぱりエンジンに尽きるだろう。水冷並列4気筒エンジンは最高出力こそ40~45馬力程度(とはいえ、現行モデルと比べれば十分に高出力)だが、1万5000rpm近くまで回る。この「どこまでも回るエンジン」が、「走る楽しさ」をライダーに与えてくれるのだ。さらに、前後ディスクブレーキやモノサスを採用した足周りが、「楽しさ」をさらに増幅させるのである。

 今後、250ccクラスで4気筒エンジンを作ることは、技術的には可能だとしても、現代の高い環境規制をクリアしなければならず、コスト的にはもはや不可能だといわれている。操る楽しさに加え、もう2度と出ない(かもしれない)というプレミア感もあって、今では下手なビッグバイクよりも所有感を満たしてくれるはず!

 中古市場でも上質なタマは年々減ってきているので、手にするなら今がラストチャンスかもしれない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ