人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.23

自分宛に送ってみよう!意外と使える「ひとりメール」活用術

■自分宛てにメールを出して問題解決することは有効か

こうした自分宛てにメールを出すという方法を「問題解決法」としてみた場合、有効なのか。「問題解決のプロ」で、ビジネスパーソン向けの研修講師も務める後藤匡史氏は次のように話す。

「問題解決は本来、多人数でやるほうが効率良いことが多いので、相談できる人がいるなら相談したほうが良いです。ただ、極めてプライベートな問題や機密性の高いもの、あるいは人に言いにくいチャレンジ、ミスなど相談しにくい問題があることも事実です。その場合には自分にメールを書くと、問題が明文化され、問題点が明確になるため、ご自身の整理には大いに役立つはずです。また、自分自身が感情的になっている場合や、自信がない場合には、一度整理したものを書いておくと、あとで見直せるという効果もありそうです」

■自分宛てメールで問題解決するための4ステップ

自分宛てにメールを送り問題解決を図る場合、どのようなことにポイントを置けばいいか。後藤氏は次のように話す。

「問題解決、ということを主眼に置くなら、問題を整理しておくことをおすすめします。私は、問題解決を4ステップ、すなわち『問題の定義-問題点の発見-原因分析-解決策立案』の流れで考えます。これに合わせて、次の問いに答える形で記載するとわかりやすいでしょう」

1.何を解決したいのか?(問題の定義)
2.どこが最大の問題点なのか?(問題点の発見)
3.なぜそれが起こっているのか?(原因分析)
4.どうやって解決するか?(解決策立案)

「最近、メールやデジタルツールをToDo管理に使っている方も多いです。それらと連動させると、考えた内容が行動につながるため、より実践的になると思います」

自分宛てメールは、時に、意外にも有効に活用できることがありそうだ。一度、何か問題が見つかったら試してみるのもいいかもしれない。

取材協力
後藤匡史(ごとうまさふみ)氏
株式会社シナプス 取締役
問題解決のプロとして、マーケティングや新規事業のコンサルティングを行う。研修でも問題解決スキルを教えており「ビジネスですぐに使える」と評判

取材・文/石原亜香利

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。