人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.03

圧倒的な存在感!新型『ハイラックス』にシェルを乗せたキャンピングカーがカッコよすぎ

■連載/大森弘恵のアウトドアへGO!

■ジャパンキャンピングカーショー2018レポート 3

 魅力的なベース車両のモデルチェンジがあれば、キャンピングカー・ファンの購買意欲がグンと盛り上がる。2017年後半には、久々にハイラックスが復活したのが大きなニュース。会場にはいち早くハイラックス Xにシェルを装着したトラキャンがお披露目されていた。

■復活したハイラックスに対応するキャビンが誕生

 根強いファンがいるハイラックスに待望の新型車が誕生。これからはいつでも新車が手に入るようになった。

 ピックアップトラックにシェルを乗せたトラキャンで知られるM.Y.Sミスティックは、当然、新型ハイラックス対応シェルを製作。2018年2月1日にデビューしたばかりのトラキャンを展示していた。


新型ハイラックスに対応するシェル、JキャビンHN。全長5335mmという迫力のハイラックス Xに、シェルを載せた姿は圧倒されるほどの存在感。シェルはキャンプに行かないときは取り外すことができる。写真はハイラックス Xのセットで766万8700円。
【問】M.Y.Sミスティック http://www.mystic.ne.jp/


エアコン、シンクに至るまで落ち着いたデザイン。運転席が見えないとプライベート感が増すことがわかる。


後ろから見るとこんな感じ。背が高く、荷台にシェルがあるので上るのが大変に思えるが、ステップがあるので問題なし。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。