人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.20

デキる人はなぜいつも電話のテンションが高いのか?

いつも電話口でテンションの高い人がいる。ハッとして自分のテンションの低さに気づくものの、なぜその相手はいつもテンションが高いのか気になるものである。そこでテンションや声のトーンを上げるねらいやコツを話し方教室KEE’Sの代表 野村絵理奈氏に聞いた。

■なぜビジネスでは声のトーンを上げるべきなのか

「声のトーンを上げましょう」と、かつてビジネスマナー研修などで習った経験があるかもしれない。ビジネスにおいては、家族や同僚と話すときとは異なり、ワントーン上げるべきだとされる。

その理由を野村氏は次のように話す。

「人は、エネルギッシュな人と一緒に仕事がしたいと感じるものです。声のトーンは、テンション(気持ちのトーン)に比例して高くなったり低くなったりします。楽しいとき、興奮しているときなどは心のテンションが高くなりますが、声のトーンも自然と高くなります。緊張したり、気持ちが沈んでいたりするとき、つまりテンションが低いときは、声のトーンも低くなります。このことから高いトーンで話す人は、気持ちのトーンも高くなりやすく、聞き手に『楽しい人』『エネルギッシュな人』というポジティブな印象を与えます」

■なぜ電話では声のトーンを上げるべきなのか

電話は対面と異なり、さらにワントーン上げるべきといわれる。どうしてなのか。

野村氏は、まずコミュニケーションには次の2要素があると言う。

1.バーバルコミュニケーション(言葉を使ったコミュニケーション)
2.ノンバーバルコミュニケーション(言葉以外のコミュニケーション)

「電話では、表情やしぐさ、見た目などの第一印象を含む、2のノンバーバルコミュニケーションがまったく使えません。声や言葉遣いなどの1のバーバルコミュニケーションに頼るしかありません。その分、声だけで気持ちを伝える高度なテクニックが必要になってきます」

そして、電話では次のことを意識して話すといいという。

「いくら緊張していたり、忙しかったりするからといって、低い心のテンションのまま話してしまうと声のトーンも低くなり、表情などでフォローできない電話では特に声が持つイメージがそのまま伝わってしまいます。電話で話す際には、相手に対する気持ち(テンション)をしっかりと上げ、声も高めで明るい声を心がけたほうがいいでしょう」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ