小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

愛犬と本気で雪遊び!日本初のジップラインドッグパークに行ってきた

2018.02.19

■連載/大森弘恵のアウトドアへGO!

■約90mを全力疾走。雪好きペットも大満足

 長野・白馬「鹿島槍スキー場」に日本初の「ジップラインドッグパーク」が誕生した。

 ジップラインドッグとは、専用リードを全長約90mのジップラインにつなぎ、ペットが全力疾走。人はその脇でソリ遊びをするというもので、ペットも人も本気で雪遊びができるというスノーアクティビティーだ。


ジップラインドッグは、犬と一緒に遊ぶ専門のガイドサービス「あそんちゅスタイルアドベンチャーズ」の山口睦生さんが「こんな遊びがあったら楽しそう」と考案した雪遊び。犬立ち入り禁止のスキー場、遊びの施設が増えている中、鹿島槍スキー場の取締役、西沢勇人さんにジップラインドッグパークを提案。2018年1月20日よりスキー場クローズ日(3月末を予定)までの土日に開催することになった。

 
持ち物は首輪とペットのおやつ、トイレセットなどいつものお散歩に持っていくモノで十分だ。注意したいのは、ハーネスではなく、首輪を装着させておくこと。専用のリードを貸してくれるので、それをジップラインに取り付けるためだ。また、雪の上を走り回るので、防水性・保温性の高いウエアを着させておくほうがペットの体調を管理しやすい。


パークでは、ソリの操作の仕方説明があり、その後、ペットをジップラインにつないで自由に走らせる。これは、雪の上で走り回るのが好きなのかを確認するためだ。ペットは体重20kgまで利用できるので、大型犬も問題なく遊べる。この日は3歳のおてんば柴犬と、4歳の心優しい元気なテリアが遊びに来ていた。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。