小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

『ワイルドターキー』4代目マスターディスティラーが伝授するバーボンの楽しみ方

2018.02.06

◆8年、13年のラベル表記は日本だけの販売

 日本で展開しているワイルドターキーのプロダクトラインナップは6種類。ブランド誕生から変わらないレシピの「ワイルドターキー 8年」(50.5度/101プルーフ)と、ラッセル親子が手掛けたプレミアムバーボン「ワイルドターキー 13年」(45.5度/91プルーフ)については、エイジングをラベル表記しているのは日本だけだ。

「8年熟成は1970年代中盤から作り始めた。8年のラベルがあるものは8年以上の熟成のものしか使わず、101プルーフで作っている。13年熟成はソフトで甘みを感じる91プルーフで作っている。もともとワイルドターキーといえば、12年熟成101プルーフと記憶している人も多いと思うが、12年ものの原料入手が難しくなり、アメリカでは12年ものは供給できず廃版となり、表記はプルーフの101のみになった。しかしジミーが日本はプレミアムの高いものを好む市場だという判断で、日本ではエイジング表記を残して販売している」

 やわらかな口当たりで飲みやすい「ワイルドターキー スタンダード」は6年半の熟成で40.5度。ライウイスキー「ワイルドターキー ライ」(アルコール度数40.5度)はカクテルの材料としても人気がある。ライウイスキーはアメリカで最初に作られたウイスキーでしばらくは下火になっていたが、バーテンダーがさまざまなカクテルを作るのに使い始めて若い世代や女性にも注目され、再び脚光を浴びている。コショウぽいスパイシーさがライの特徴。

「ワイルドターキー レアブリード」は父のジミー氏が20年以上にわたってアメリカ本土や世界各国を訪ねてどんなバーボンを飲みたいかと調査したところ、樽からそのままボトリングしたものが欲しいをいう意見が多かったことから生まれた。58.4度(116.8プルーフ)で、6、8、12年の原酒をブレンドして一切加水しないでボトリングしている。

「ワイルドターキー ケンタッキースピリット」は8.5~9.5年熟成した樽からセレクトしたシングルバレルバーボン。度数は50.5度(101プルーフ)。通常は100樽程度をブレンドするが、これは一樽ずつ別々にボトリングしたもの。日本では3月下旬に発売する。トレードマークの七面鳥の尾羽をモチーフにしたデザインも秀麗。

「他社と違いマッシュも酵母も1種類だけ作っているので最終的な違いはエイジングによって決まる。ケンタッキーの夏は気温がとても高い。気温の変化もすべて自然に任せている。7階建ての熟成庫を使っているが、最上階は暑くなりウイスキーも温度が上がるがその結果、木の内部にウイスキーが入っていき、よりスパイシーでウッディ、スモーキーな特徴が出る。一番下の階は1日、年間を通して温度変化が少なくもっとも涼しい状態で熟成が進み、スコッチやアイリッシュのウイスキーに近い個性が出る、軽やかで飲みやすいタイプとなる。ケンタッキースピリットはシングルバレルなのでより甘みや味わいを持った樽を探すが、中間階でよりよい味の樽が見つかることが多い」(エディー氏)


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。