みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >ライフスタイル
  3. >レジャーで大活躍!重さわずか400gの…

レジャーで大活躍!重さわずか400gのダンボールテーブル『#table』(2018.02.03)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■持ち運びでも重くない400gのテーブル

 ピクニックやキャンプといったアウトドア活動や、「公園の芝生でのんびりしたい」というカジュアルな行楽の際に、「あったらいいな」と思うのが、折りたたみ式の小さなテーブル。

「ピクニックテーブル」とか「アウトドアテーブル」という名で多くの商品が出ているが、他の荷物に加えて持っていくには、ちょっと重量があるしかさばる。とりわけ花見のような身軽に済ませたいものだと、その負担感はひとしお。かといって、地面に敷いたレジャーシートにコップや紙皿を直置きすると、ぐらついて倒れたり、蟻が集まったりといった、地味なトラブルが気に障る。

 この課題を解決した製品が、今回紹介する『#table』。業務用ダンボールの製造・販売を生業とする京阪紙工が、一般向けに開発したもので、クラウドファンディングサイトのMakuakeで2018年2月末までサポーターを募っている。

『#table』の素材は、「強化ダンボール」。ふだん我々が目にするダンボールの2~3倍の厚みがあり、手で曲げられないほど硬い。輸出する産品の梱包用に、それまでの木箱に代わって使用されているという。その強化ダンボールで作られたのが『#table』だが、目玉はその堅牢さよりもむしろ軽さ。ごく一般的なピクニックテーブルだと、自重は1~2kgある。「軽量」をうたう、アルミ製のピクニックテーブルでも約700g。これに対し、『#table』は約400gと圧倒的な軽さ。疲れて帰ってくる電車・バスでの行楽だと、この軽さはとても助かる。

 また『#table』は組み立て式なので、持ち歩きも苦労しない。分解して専用ケースに収納して片手で運べる。


コンパクトに分解・収納できる

■組立はかんたん

『#table』は3つの部材からなり、組み立ては脚部の凹凸部を天板裏にX字にはめ合わせるだけ。10秒もかからない。


分解時の『#table』


脚部をX字状にはめ込むだけで完成

1 2 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。