小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Douk Audioの真空管アンプ『Mini Tube Audio PowerAmp』で球ころがし!

2018.01.13

■6V6はクリアガラス球の方がレアだった!

6V6は6L6の弟分として1937年に登場。シングルで2.5W以上の出力が得られることから、モニターアンプやギターアンプに多用された。まずメタル管が発売され、G管、GT管となり、1945年にはMT管が登場した。現行ではロシアと中国とチェコで生産されている。6V6GTは過熱対策のためのカーボンスートが施されて、ガラス管内部が真っ黒のモデルが多い。性能はこちらの方がいいのかもしれないが、見た目は真空管らしくなくガッカリである。クリアガラス球は現行では、エレハモの『6V6-EH Type2』のみ、以前はSylvania、GE、マツダ、東芝などにクリアガラス管が存在した。その音は中低域に量感があって高域はなめらかなものが多い。


ロシア製『6P6S』NOSマッチドペア管、eBayでペア864円。S/N感がいい。ボーカルに奥行きが出て来た。全ての音がクリアーになり、一皮むけた感じだ。中低域の量感は増える。低域の解像度は低くボンボンとかたまりで音が出る。


JAN CRC『6V6GTY』参考価格ペア4000円。ハカマが茶色のレアモデルらしい。セットで購入したので単価は不明。『6P6S』よりも中低域の量感は減る。ドライブ感はいい。ボーカルが前に出る。高域の響きも減少して、今っぽい音になった。


ロシア製STANDARD BRAND『6V6GT』NOS1987年製。eBayでペア2480円。解像度が向上してボーカルはやや艶っぽい。ボーカルは前に出る。全体的にスッキリした感じ。低域のドライブ感がいい。低域が出過ぎずにほどよいバランス。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。