人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.13

Douk Audioの真空管アンプ『Mini Tube Audio PowerAmp』で球ころがし!

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

前編はこちら

■6V6ファミリーが大集合!

真空管アンプが入手できたので、いよいよ真空管を交換してみたい。真空管は同じモノでも生産国やメーカーによって呼び名が違っている。つまり型番が違うだけで完全互換性がある球があり、差し替えるだけで音色の変化が楽しめる。6P6Pは6V6GTと互換性ありとスペック表にあるのでこれは問題ない。電圧増幅管である6N9Pも交換したい、こちらは6H9Cと6SL7などと互換性ありだ。1本で済むのでお手軽だ。今回は6V6のST管である6V6Gも迫力があるので用意した。さらに完全互換性はないが、6L6族と6L6GC、KT66も差し替えてみた。

■6N9Pをロシア製の6H9Cと差し替える

中国製6N9Pと互換性がある真空管で激安だったのが、ロシアの6N9Sだ。日本のAmazonでも2本セット1215円で販売されている。しまった、これは送料を入れてもebayより、日本の方が安いではないか。とにかく1本でいいのだが、ペアでしか売っていない。中国製6N9Pは新品なのか中古なのか分からないぐらい外見が汚くて金属製のハカマには錆も浮いているので音以前に気分が悪い。問答無用で差し替えるとYuji Ohno & Lupintic Five with Friends「BUONO!! BUONO!!/THEME FROM LUPIN III 2015〜ITALIAN BLUE ver」(48kHz/24bit)の低域の解像度が向上、ベースの音程がハッキリした。女性ボーカルの解像度も上がってリップノイズが聞こえるようになった。これはハイコスパなので速攻で交換することをオススメする。


最初から付いている中国製の真空管がコレ。センターの球は中古品のように古びた外観だった。


ロシアの軍事用高信頼管という触れ込みの6H9Cはebayにてペア936円だった。しかし送料が高い。


交換するとデザインにも統一感が出て、音の解像度も上がった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年7月16日(月) 発売

DIME最新号の特集は「熱帯夜を乗り切る睡眠テク50」!プレモル電動式神泡サーバーを1000名にプレゼント!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ