人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.13

ビーム管の代表選手KT88が使えるELEKITの真空管アンプキット『TU-8200』で球ころがし

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

■アクティブオートバイアス調整機能で球転がしに対応!

真空管アンプの楽しみの一つに球転がしがある。同じ規格で作られた異なるメーカーや国籍の真空管に差し替えて音の違いを楽しむのだ。真空管アンプには固定バイアスと自己バイアスの2種類があるが、球転がしに適しているのは自己バイアスのアンプである。さらにそれより適しているのが、ELEKIT『TU-8200』なのだ。本機は6L6GC用に設計されたシングル動作の真空管パワーアンプキット。パワーアンプと言ってもボリューム付きで入力切替まであるので、実質はプリメインアンプとして使える。新機能としてアクティブオートバイアス調整機能を搭載した。これは種類の違う真空管を挿したときに必要なバイアス調整を自動化するもので、球転がしに使える真空管のバリエーションをググッと幅広くしてくれる。ビーム管の6550、KT66、KT88に対応するだけでなく、五極管のEL34、6CA7まで、またメーカーは保証していないが、GA KT99A、KT120なども短時間なら使用できそうだ。6万円でKT88に対応する真空管アンプは貴重な存在と言える。さらに同社お得意の五極管接続、三極管接続、UL接続が選択できる機能もあり、さまざまな音色が楽しめる。


スリムで背の高い6L6GCを挿した『TU-8200』。インシュレーターは社外品。


背面には2系統の入力端子、バナナプラグ対応のスピーカー端子、インピーダンス切替、ACインレットが並ぶ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ