小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

『インプレッサ スポーツ』を買うなら2.0i-Sと2.0i-L、どっちが正解?

2018.01.13

走りだしての第一印象は「日本車らしくない」だった。パワステはかなり重目で、アクセルペダルの踏力もまた重い。ボディ剛性の高さを実感できるドシリとした乗り味は日本車離れしたものと言っていい。

スバル・インプレッサSPORT試乗記。2.0i-S、2.0i-L買うならどっち!?

水平対向の直噴2L NAエンジンは154ps、20.0kg-m、JC08モード16.0km/リットル(AWDは15.8km/リットル)というスペック。開発陣によれば、「燃費を追求したクルマではない」とのこと。

スバル・インプレッサSPORT試乗記。2.0i-S、2.0i-L買うならどっち!?
インプレッサスポーツ2.0i-S

動力性能はインテリジェントモードだとけっこうゆったり。スポーツモードにセットするとレスポンスが高まり、高速道路でも後続車をあっと言う間に引き離す実力を示してくれる。リニアトロニック=CVTの変速はATのようなステップアップ感があって気持ち良く、痛快な加速感を演出する。

乗り心地は重厚にしてフラット。18インチタイヤとは思えない快適感だ。聞けば、サスペンションは基本的に1種類ながら、17インチタイヤを履く2.0i-Lに対してこちらはダンパーを乗り心地方向にセッティングしてあるという。

ゴルフ7ヴァリアントを所有する筆者が「ベンチマークはゴルフ7」という開発陣の言葉に納得したのは高速レーンチェンジ、山道の走行中だった。

スバル・インプレッサSPORT試乗記。2.0i-S、2.0i-L買うならどっち!?
インプレッサスポーツ2.0i-S

AWDでありながらステアリングを切ったときのクルマの動き、リニアな反応、抜群の安定感とともにスーッと滑らかに気持ち良く向きを変えてくれるフィーリングは極めてゴルフ7っぽい。特に山道ではトルクベクタリングの効果絶大。ライントレース性、曲がりやすさはもう抜群。ダンパーの初期ストロークのスムーズさがもう少し強調されていれば、さらにゴルフ7に迫ると思えた。

スバル・インプレッサSPORT試乗記。2.0i-S、2.0i-L買うならどっち!?
インプレッサスポーツ2.0i-S

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。